ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > おおさかページ > 大阪文献データベース検索時のメッセージ(該当データがない場合)の文字化けについて

大阪文献データベース検索時のメッセージ(該当データがない場合)の文字化けについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月24日更新

大阪文献データベース(http://refdb.library.pref.osaka.jp/)で検索ワードを入力して検索すると、該当データがない(検索結果が0件)場合は、通常「該当データがありません」というダイアログが表示されますが、ご利用のブラウザがInternet Explorer 11・Google Chrome・Firefox・Safariの場合、ダイアログ内のメッセージが文字化けするという現象が起きております。

ご利用の環境がWindows7・Internet Explorer 11 の場合は、ご利用のブラウザにて互換表示を有効にすることで、文字化けを回避することが可能です。

Windows7・Internet Explorer 11 の互換表示の設定方法につきましては、以下のMicrosoftのサイトをご確認ください。
Microsoft「互換表示でサイトの表示の問題を修正する

ご利用のブラウザのアドレスバーに互換表示ボタンがない場合は、以下のMicrosoftのサイトをご確認ください。(2015年12月28日追記)
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/use-compatibility-view#ie=ie-11