ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > ビジネス支援サービス > セミナー・講座・展示 > セミナー・講座 > 大阪府立中之島図書館ビジネスセミナー『めざせ!貿易業界 -業種からさがす有利な資格-』

大阪府立中之島図書館ビジネスセミナー『めざせ!貿易業界 -業種からさがす有利な資格-』

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年4月28日更新

「憧れの貿易業界への近道」を解説!

会場 大阪府立中之島図書館 別館2階 講義室 (会場へのアクセス

 第1弾 「いろんな業種と“効く”資格」 貿易業界にはどんな業種がある? 関連の深い資格は?
  2015年6月2日(火) 18:30 ~ 20:00(18:00開場)

受講料  無料

定員  60名(事前申し込み制、定員になり次第締切)

こんな方におすすめ

  • 貿易業界への就職・転職に関心のある学生・社会人の方。
  • 学校(高校、専門学校、大学 など)で進路指導をご担当の方。
  • 貿易関連の資格の価値と活用法を考えている人事の方。

セミナー概要紹介

第2弾 「国際物流業界に“効く”資格」 国際物流業とはなにか? 業界で評価される資格は?
  2015年6月16日(火) 18:30 ~ 20:00(18:00開場)

受講料  無料

定員  60名(事前申し込み制、定員になり次第締切)

こんな方におすすめ

  • 国際物流業界への就職・転職を考えている学生・社会人の方。
  • 学校(高校、専門学校、大学など)で進路指導をご担当の方。
  • 資格の価値と活用法を考えている国際物流業界の人事の方。

セミナー概要紹介 

講師紹介

グローバル・ビズ・ゲート 代表取締役 池田隆行 さん

(独)日本貿易振興機構(ジェトロ)にて、貿易・投資相談、情報提供、貿易実務の講座作成・運営などの業務に従事。
 現在(株)グローバル・ビズ・ゲート代表として、国際ビジネスに関するインターネット講座を運営するほか、企業、各種学校などで講師として活躍中。
著書:「サクッとわかる貿易実務」シリーズ(ネットスクール出版)

グローバル・ビズ・ゲート 専任講師 内澤まゆみ さん

 航空フォワーダー・メーカー・商社にて主に機械の輸出業務に携わる。その後、(独)日本貿易振興機構 (ジェトロ)に入職。貿易・海外投資相談業務に従事した後、(株)グローバル・ビズ・ゲートに入社。同社の運営するオンライン講座の制作、貿易関連の専門スキルを持つ人材の育成を担当。

申込方法

インターネット申込みはこちら

すぐ上の「インターネット申込みはこちら」ボタンからお申込みいただくか、案内ちらし [PDFファイル/568KB]最終ページの申込書をFAXで送信、または中之島図書館2階相談カウンターへお持ちください。

お問い合わせ窓口

大阪府立中之島図書館 ビジネス支援課(担当:小笠原) 大阪市北区中之島1-2-10 電話:06-6203-0474(代表)

会場へのアクセス

会場地図※ご注意:図書館の入口とは別の入口になります。

最寄駅

地下鉄御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅 (1号出口)北東へ約300メートル

京阪中之島線「なにわ橋」駅 (1番出口) 西へ約300メートル

セミナー概要

第1弾 「いろんな業種と“効く”資格」  貿易業界にはどんな業種がある? 関連の深い資格は?

就職・転職に大人気の「貿易業界」。でも、具体的な業種となると「商社」や「船会社」、「航空会社」 くらいしか思いつかない人が多いようです。しかし、貿易取引には、業界にいない人には想像もつかないほど多くの企業・団体が関係してきます。そこで、貿易業界への就職・転職について情報を求めている方を対象に、「貿易に関係する様々な業種」を具体的にご紹介するセミナーを開催することといたしました。
また、併せて、そういった業種への就・転職、または、入社後のキャリア・アップに有利になる「資格・検定」にはどういったものがあるのかを、ご紹介いたします。
貿易業界の全体像をつかみ、ご自身の方向性を見つけたい方は、是非ともご参加下さい。 

貿易にはどんな業種が関わっている? 「商社」「船・航空会社」「通関業者」だけが貿易の当事者ではない!

〔1〕貿易取引の流れ
〔2〕取引系の業種:いまや様々な業種が輸出者/輸入者として貿易ビジネスを行っている・・・商社、メーカー、流通・小売、飲食業 など
〔3〕物流系の業種:自ら運送する会社だけでなく、様々な種類の代行業者がある・・・船会社、航空会社、船積代理店、航空貨物代理店、利用運送事業者、通関業者 など
〔4〕サポート系の業種:安全・円滑な貿易取引のために、様々な企業・団体がサポート・・・銀行、損害保険会社、検査・検量業者、税関などの官庁、貿易促進機関 など

貿易業界で “効く” 資格にはどんなものがある? 業種により「活用できる」、「就・転職で有利になる」資格も違う!

〔1〕取引系に効く!・・・貿易実務検定、安全保障輸出管理実務能力認定(STC)
〔2〕物流系に効く!・・・通関士、IATAディプロマ(国際航空貨物取扱士)、安全保障輸出管理実務能力認定(STC)
〔3〕サポート系に効く!・・・銀行業務検定-外国為替-

第2弾 「国際物流業界に“効く”資格」 国際物流業とはなにか? 業界で評価される資格は?

就職・転職に大人気の「貿易業界」では、知識やスキルが必要とされます。当然、関連した資格を持っている人が採用試験で有利になることはいうまでもありません。しかし、貿易業界は幅広く、それぞれの業種で求められる資格、そのレベルは違います。
そこで今回は、貿易業界の中でも人気のある「国際物流業界」で評価が高い資格(通関士、STC、IATAディプロマ)の3種について解説するセミナーを実施することといたしました。また、併せて、それらの資格の内容や出題傾向、効率的な学習方法など、業界への就職の「近道」をご紹介いたします。
貿易業界への就職・転職をお考えで、そのためにはどんな資格を取り、どういう勉強をすればいいのかお迷いの方や、自社の企業価値を高めるにはどのような資格を持った人材を活用すればよいのか検討されている人事担当の方は、是非ともご参加下さい。

〔1〕通関士、安全保障輸出管理実務能力認定試験(STC) 国際物流業界への就職に「効く」二大資格への近道とは!

貿易分野の中でも就職人気の高い国際物流業者への就職には「効く」資格があります。
日本の貿易分野で唯一の国家資格である「通関士」、そして、世界的に安全保障の枠組みが強化されていく中で、急激に評価が高まっている「安全保障輸出管理実務能力認定(STC)」の2つです。
本セミナーでは、これらがなぜ業界で求められているのかを説明し、また、試験の概要や出題内容、効果的な学習方法について詳しくお話します。

2〕IATA ディプロマ(国際航空貨物取扱専門士) こんな資格もある! 世界中で通用する航空貨物輸送の国際資格!

IATA(国際航空運送協会)とは、カナダのモントリオールに本部を置く、世界のほとんどの航空会社が加盟する業界団体です。国際航空運送システムの円滑な運航のために共通プログラムの開発等の討議の場を提供しています。
そのIATAが認定するDiplomaは、航空貨物取扱業者にとって、国際間の航空貨物輸送のスペシャリストとして、業界では必須の国際資格!
本セミナーでは、具体的にどんな会社に有利なのか、どんな内容を学習するのか、詳しくお話します。
そのほか、大学、専門学校などの各種学校にて、貿易実務、国際航空貨物に関する講師としても活躍中。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)