トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
ギョッとする話!?
  カウンターで、「子供に聞かれて答えられなかったんだけど、魚の血液型って何型?」とお父さんに聞かれ、「魚に血液型があったのか!?」と、冗談ではなくギョッとしつつ、調べました。あるそうです。「A型」1種類だそうです。
  はなしついでに、「タコにオスメスがあるの知ってる?」と聞くと、ほとんどの方がご存じない様でした。あるんですよ、吸盤の揃っているのがメス、不揃いなのがオス、味はメスの方がいいといいます。
  タコとかイカって、ヨーロッパやアフリカにおいては、デビル・フィッシュ(悪魔の魚)と呼ばれ、忌嫌われているという説もあります。ジョン・ヒューストンやヘンリー・フォンの出演で「テンタクルズ」という巨大タコの襲撃映画、「007オクトパシー」の悪役、「ザ・ビースト/巨大イカの逆襲」なんて映画は、そういうイメージの産物なのでしょうね。でもスペインやポルトガルで食べましたから、どうなんでしょうね!? なんでもスペインではタコをやわらかくするために瓶か棒かでたたくともききましたが、試したことはありません。
2012年12月4日  テレビっ子
百聞は一見にしかず!?
 「こどもの顔がかくれるほど大きな紅葉がないかなあ!?」というこども資料室の職員の声に応えるべく、家の近くで大きなはっぱ探してウロウロ、大きなはっぱを見つけたのですが、紅葉していません。あきらめて、風が吹いたあくる日、通院のかえり道、あおいままですが大きな落ち葉を見かけたので、拾い集めてこども資料室へ。これが意外に好評で、大人も含め、「どこで拾ったの?」、「何の木のはっぱ?」という質問が相次ぎました。
○どこ?=京橋口近くの酒屋さんの前あたりの街路樹(1本)
      森之宮小学校から下水場あたりの街路樹(一帯)
○何のはっぱ?=プラタナス
 あまり好評なので、乾燥してペリぺリになった第一号の代わりに第二号を拾ってきました。
 今年は、セミの抜け殻・銀杏・どんぐり・落ち葉等々、こども資料室のカウンターに実物を置き、その横にそれに関する図書を置いたところ、こどものくいつき方の多様な事!
 様々な会話が飛び交いました。百聞は一見にしかずとはよくいったものです。
2012年12月4日  夢追い人