ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 調査相談 > 調べ方ガイド > こども向け調査ガイド~緒方洪庵

こども向け調査ガイド~緒方洪庵

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年7月18日更新

大阪府立中央図書館こども向け調査ガイド 13
2014年7月
 [PDFファイル/138KB]


緒方洪庵

Q 【問題】江戸時代、蘭学(らんがく)を学び、大阪に適塾(てきじゅく)を開いて、多くの青年を教育したのはだれ?
A 【答え】緒方洪庵(おがたこうあん)です。緒方洪庵は、天保(てんぽう)九年(1838)、瓦町(かわらまち)(現在の大阪市中央区)に蘭学や医学を教える私塾「適々斎塾(てきてきさいじゅく)」(適塾)を開きました。福沢諭吉(ふくざわゆきち)など多くの人が学びました。また医者で天然痘(てんねんとう)の予防にも貢献(こうけん)したとのことです。

調べてみよう!

■『教育者という生き方』(三井綾子/著 ぺりかん社 2012.10 【J372/10N】)

生い立ちや学費や生活費を稼ぎながら学んだ学生時代、適塾を開いてからのことや洪庵の人柄など、コンパクトにわかりやすく解説されています。(高学年~)

■『緒方洪庵と適塾 こども版 改訂』(藤田實/編集 大阪大学・適塾記念会 1998.9 【J289/399N】)

緒方洪庵の人柄、医者としての評判、洪庵が活躍した時代背景、適塾で学んだ人々など、詳しく解説されています。写真も豊富に掲載されています。(高学年~)

■『二十一世紀に生きる君たちへ 洪庵のたいまつ』(司馬遼太郎/著 世界文化社 2001.2 【J914/55N/シ】)

歴史小説で有名な司馬遼太郎(しばりょうたろう)が、小学校5年生の国語教科書のために書いた作品が『洪庵のたいまつ』。世のためにつくした緒方洪庵について、こどもたちに語りかける作品です。(高学年~)

行ってみよう!

大阪府内には緒方洪庵にかんするこんな施設があるよ。

■「大阪大学 適塾記念センター

■「除痘館記念資料室(じょとうかんきねんしりょうしつ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)