ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 調査相談 > 調べ方ガイド > こども向け調査ガイド~上方歌舞伎

こども向け調査ガイド~上方歌舞伎

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月9日更新

大阪府立中央図書館こども向け調査ガイド 10
2017年7月
歌舞伎 [PDFファイル/150KB]


歌舞伎

【問題】江戸時代に京都で始まり大阪でも人気のある、男性だけで演ずる演劇はなあに?
【答え】歌舞伎です。江戸(東京)では市川団十郎に代表される荒事(あらごと)、上方(関西)では和事(わごと)が好まれ、その芸風の違いにより江戸歌舞伎・上方歌舞伎と呼ばれています。

調べてみよう!

■『かぶきわらし』 (庄司三智子/文・絵 出版ワークス 2016.12) 【E3/3846N/シ】)

歌舞伎(かぶき)の芝居(しばい)小屋(ごや)にずっと住んでいる「かぶきわらし」が、楽屋(がくや)や舞台(ぶたい)など、歌舞伎(かぶき)の世界を案内してくれる知識(ちしき)絵本。折り込みのページを開くと舞台(ぶたい)や衣装(いしょう)が変わるしかけもあります。(低学年~)

■『大研究歌舞伎と文楽の図鑑』(国土社編集部/編 国土社 2016.3 【J774/9N】)

日本の伝統芸能、歌舞伎と文楽について解説しています。有名な演目のストーリーや主人公がマンガも交えて分かりやすく紹介されています。(高学年~)

■『市川染五郎と歌舞伎を観よう (新版日本の伝統芸能はおもしろい)』(小野幸恵/著 市川染五郎/監修 岩崎書店 2015.2 【J774/8N】)

歌舞伎役者として活躍している市川染五郎が、歌舞伎の世界について写真や絵を使ってしょうかいした入門書です。(高学年~)

もっと知りたい人に!

『ほんとうはおもしろいぞ歌舞伎』(全3巻)で、実際のおはなしに挑戦してみよう!(他にもいろいろ、おはなしがのっている本があります。)

1 義経千本桜』 沼野正子/文・絵 汐文社 【J774/3N】

2 菅原伝授手習鑑』 沼野正子/文・絵 汐文社 【J774/3N/2】

3 東海道四谷怪談』 沼野正子/文・絵 汐文社 【J774/3N/3】

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)