トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
夏休み準備中〜(旅のススメ! 国内編)
ちょっと気が早いかな〜と思いつつ、夏休みが楽しみすぎて旅行計画を立ててるもちづきです!
…と言っても社会人になると30日も40日も休みがもらえないので、少ない日数の中でやり繰りなんですけどね(;’∀’)
(ちょーっと予算も足りないので国内メインですけど。)

そう!休みが取れないなら学生のうちにいろんな所へ行けばよかった!!

そう思ってたり、言ってたりする社会人、多いですね。
学生の頃周りの大人に言われて「何言ってんねん」と思いましたが、言う側に回ってしまった悲しみを感じています。

てなわけで、学生のうちに、もっと旅に出ましょう(‘ω’)ノ

そこまで自分で好き勝手に旅行できないよ〜とお考えの中高生の皆さん!
大学生になったらアルバイトでがっつりお金を稼いだり、出費を抑えるならLCCや青春18きっぷを使ったり、とにかく旅に出ましょう。

青春18きっぷを使うならこんな本もありますよ〜ε=ε=⋤⋥⋤⋥⋤⋥⋤⋧。『大阪駅から行く青春18きっぷの旅』
(桐野作人/編著 京阪神エルマガジン社 2017.6)
え?行きたい場所がない?どこの観光地も似たり寄ったり?
いやいや、国内といえどもいろんな場所があります!
好きなものや興味のあるもの、変だけど気になるものなど、何かを主軸にいろんなところを回ってみてはいかがでしょうか。

例えば、世界遺産登録で話題の古墳!『古墳の歩き方』(まりこふん/著 扶桑社 2014.5)なんて本があるくらい、密かにファンがついてます。自然豊かな場所に多くて、お散歩も楽しそう。

動物好きの方には変わり種でこんなのどうでしょう?『神社の動物図鑑』(茂木貞純/監修 二見書房 2018.11)には、どの神社にどんな動物が関係していて、どんな像が置いてあるのかや、かわいい動物モチーフのおみくじまで載っていて、思わず行ってみたくなります。

アートに興味があるけど難しそうと思っているあなた、親しみやすい絵本の原画が飾られた「絵本美術館」に行くのはどうですか?その名もずばり『絵本美術館のある旅』(MOE編集部/編 白泉社 2011.6)なんて、心くすぐられる本がありますよ。小さいながら素敵な建物の美術館が多く、絵本で見ても素敵だった絵は原画の迫力が段違いです。

色々見てると行きたいところがありすぎて頭がこんがらかってきちゃったかも…
でも、計画を立てるのも旅の醍醐味!図書館には普通の旅行のための本も、今回紹介したような一風変わった旅の本もあります。
自分にピッタリな本を探してみてください。一人で探すのが大変なら私たち司書もお手伝いします。
あなたらしい旅の一助になれればうれしいです。
2019年6月25日  もちづき
令和元年!
みなさんこんにちは。
元号が令和に改まり、1か月が経ちました。

改元の瞬間、みなさんは何をしていましたか?
TwitterなどのSNS上では、「#(ハッシュタグ)ハロー令和」など、新元号を歓迎するメッセージが飛び交い、街中にもそこかしこでお祝いの看板などが掲げられ、とてもおめでたい雰囲気につつまれていましたね。
また、「令和」グッズもたくさん出ているようです。4月1日の新元号発表の際に掲げられていたような「令和」パネルだとか、マグカップ、スマホケースなどもあるみたいです。      いつも見る食品のパッケージも令和仕様になっていて、ついつい手に取ってしまったものもありました。

 さて、グッズとは少し違いますが、図書館で見つけた「令和」らしい資料をご紹介します。

  写真1と写真2をご覧ください。(リンクをクリックすると写真のページにジャンプします)
大きく「令和」と書かれているのがわかるでしょうか。 その周りには、点々がたくさん打たれています。
 これは、視覚障がいのある方に向けて作成されたお知らせの冊子で、細かい点々は、点字です。
点字というと、基本的に6つの点を使って文字を表し、それを指でなぞって読んでいくものですが、この冊子の「令和」という漢字は、たくさんの点を打つことで図形的に漢字を再現しています。これを「点図」といって、ものの形を触って把握するために、点を並べて図形やイラストを表現するものです。また、「令和」の横には点字で「れ い」「わ」と書かれていて、読みの説明も一緒にされています。
他に、「令和」の出典である万葉集の一節を点図にしている点字冊子もあります。(写真3)きっちりとした楷書体が、並んだ点で表現されていますね。こちらも、横に打ってある点字が、それぞれの漢字の読みを示しています。漢字の形と読みが同時にわかりますので、点字を利用される方とも新元号を共有することが出来ますね。

図書館にある「令和」のご紹介でした。
 
この日記帳も平成時代からさらにパワーアップする気持ちで、みなさんに楽しんでもらえるような日記を書いていきますので、ぜひまた読みに来てください☆

引用:
1.「早川点字図書室だより」2019年5月号 第256号 大阪市立早川福祉会館点字図書室
2.「新作情報」第199号 東京都立中央図書館
3.日本ライトハウス情報文化センター情報誌「読書」 2019年5月1日号 第47巻第5号 日本ライトハウス情報文化センター 
※すべて写真撮影は大阪府立中央図書館

★質問・ご意見・ご感想は「みんなの書き込み板」へどうぞ!★

2019年6月7日  在原