トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2020年6月   2020年5月
2020年4月   2020年3月
2020年2月   2020年1月
2019年12月   2019年11月
2019年10月   2019年9月
2019年8月   2019年7月
2019年6月   2019年3月
2019年2月   2019年1月
2018年12月   2018年11月
2018年10月   2018年9月
2018年8月   2018年5月
2018年4月   2018年3月
2018年2月   2018年1月
2017年12月   2017年11月
2017年10月   2017年9月
2017年8月   2017年7月
2017年6月   2017年5月
2017年4月   2017年3月
2017年2月   2017年1月
2016年12月   2016年11月
2016年10月   2016年8月
2016年7月   2016年6月
2016年1月   2015年11月
2015年8月   2015年7月
2015年4月   2015年1月
2014年10月   2014年8月
2014年6月   2013年12月
2013年11月   2013年10月
2013年9月   2013年8月
2013年7月   2013年6月
2013年4月   2013年3月
2013年1月   2012年12月
2012年11月   2012年10月
2012年9月   2012年8月
2012年7月   2012年6月
2012年4月   2012年3月
2012年2月   2012年1月
2011年12月   2011年11月
2011年10月   2011年9月
2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月
2011年4月   2011年3月
2011年2月   2010年12月
2010年11月   2010年10月
2010年9月   2010年8月
2010年7月   2010年6月
2010年5月   2010年4月
2010年3月   2010年2月
2010年1月   2009年12月
2009年11月   2009年10月
2009年9月   2009年8月
2009年7月   2009年6月
2009年5月   2009年4月
2009年3月   2009年2月
2009年1月   2008年12月
2008年11月   2008年10月
2008年9月   2008年8月
2008年7月   2008年6月
2008年5月   

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
「本屋大賞」受賞者は、異能特務課のエージェント???
「2018年本屋大賞」が、辻村深月さんに決定しましたね。
辻村さんといえば、10代の気持ちを繊細に描いた作品に定評があります。今回の受賞作。『かがみの孤城』(辻村深月/著 ポプラ社 2017.5)もまさにそんな作品。辻村作品の当館所蔵リストを作りましたので、この機会にぜひあれこれ手に取ってみてください!きっと、自分にぴったりの本がみつかるはず
☆本屋大賞2018辻村深月さん 所蔵リスト 

ところで、辻村深月さんは、人気コミック『文豪ストレイドッグス』外伝の小説で、異能特務課のエージェント「辻村深月」のモデル(?)となって登場しているのをご存知でしょうか?『文豪ストレイドッグス』という作品は、名だたる文豪が自らの作品名を冠した異能力を保有し、その能力を駆使して闘い活躍する作品です。実在の文豪たちはあくまでモデルで現実とはだいぶ違った世界ですが。コミック・小説・アニメと展開していて、この3月に公開されたアニメ映画『文豪ストレイドッグス DEAD APPLE』にも「辻村深月」はしっかり登場しています!
彼女が持つ異能は「きのうの影踏み」。『きのうの影踏み』(辻村深月/著 KADOKAWA 2015.9)も、もちろん辻村さんの作品・・・怪談集です。気になる人はぜひご一読を。

エージェント「辻村深月」が登場する、小説『文豪ストレイドッグス外伝 綾辻行人VS.京極夏彦』(朝霧カフカ/著 KADOKAWA 2016.1)は当館でも所蔵しています。同じく現役の人気作家である綾辻行人さんと京極夏彦さんもキャラクター化して登場。大活躍します。今回の辻村さんの本屋大賞受賞で、辻村作品を読んでみようかな?と思っている人は、あわせてこちらも読んでみては?
2018年4月26日  文豪倶楽部