トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年11月   2019年10月
2019年9月   2019年8月
2019年7月   2019年6月
2019年3月   2019年2月
2019年1月   2018年12月
2018年11月   2018年10月
2018年9月   2018年8月
2018年5月   2018年4月
2018年3月   2018年2月
2018年1月   2017年12月
2017年11月   2017年10月
2017年9月   2017年8月
2017年7月   2017年6月
2017年5月   2017年4月
2017年3月   2017年2月
2017年1月   2016年12月
2016年11月   2016年10月
2016年8月   2016年7月
2016年6月   2016年1月
2015年11月   2015年8月
2015年7月   2015年4月
2015年1月   2014年10月
2014年8月   2014年6月
2013年12月   2013年11月
2013年10月   2013年9月
2013年8月   2013年7月
2013年6月   2013年4月
2013年3月   2013年1月
2012年12月   2012年11月
2012年10月   2012年9月
2012年8月   2012年7月
2012年6月   2012年4月
2012年3月   2012年2月
2012年1月   2011年12月
2011年11月   2011年10月
2011年9月   2011年8月
2011年7月   2011年6月
2011年5月   2011年4月
2011年3月   2011年2月
2010年12月   2010年11月
2010年10月   2010年9月
2010年8月   2010年7月
2010年6月   2010年5月
2010年4月   2010年3月
2010年2月   2010年1月
2009年12月   2009年11月
2009年10月   2009年9月
2009年8月   2009年7月
2009年6月   2009年5月
2009年4月   2009年3月
2009年2月   2009年1月
2008年12月   2008年11月
2008年10月   2008年9月
2008年8月   2008年7月
2008年6月   2008年5月

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
文豪を知りたい!名作を読みたい!
 皆さんは「文豪」と聞くと誰を思い浮かべますか?夏目漱石、太宰治、芥川龍之介、宮沢賢治…。教科書によく作品が載っていますよね。昨年12月には、夏目漱石のデスマスクの3Dスキャンを基に作られたロボット「漱石アンドロイド」が発表されました!声は漱石の子孫である夏目房之介さんの声を音声合成し、44の動作ヵ所で本物の人間のような細かい動きも再現されています。ずっと前に亡くなった方に会えるというのは、不思議な感じがしますね。
 有名な文豪の作品は漫画化や、絵本で出版されたり、若者に手にとってもらいやすいように、今風のイラストが表紙になっているものもありますね。今回は名作文学を読む前に、または読んだ後にも楽しめる、あらすじや文豪について書かれた本をいくつかご紹介します。
 1階YA展示コーナーに最近新しく入った『文豪図鑑』は、「読んだ気になる代表作ガイド」と作品のポイント、文豪の人物像から名言まで、文豪と作品の関係も分かる1冊です。また、1人の文豪について本を読んでみるなら『夏目漱石、読んじゃえば?』はいかがでしょうか。この本の著者によると『こころ』は「国民的ネタバレエンタメミステリー」、『坊ちゃん』は「孤独なコミュ障」だそうです。
 『恋する文豪』は病弱な美少女、フラれ男、嫁姑、憎しみ愛等…文豪たちが残した名作24作品を「恋」の視点から綴ったエッセイ集です。所々引用されている原文を味わいつつ、作者の痛快な文章でストーリーを追います。さらに『J ブンガク』は日本名作文学の原文の一部を英訳で楽しめます。簡単なマンガも載っています。

 私は高校生のときに古典・名作文学にハマって、そればかり読んでいた時期がありました。あらすじを知っていると、難しい文章が続いてもなんとなく分かるので、読み進められます。言葉を楽しんだり、現代語訳で読んだり、好きな読み方をぜひ見つけてみてください。
2017年1月25日  祭