トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年12月   2019年11月
2019年10月   2019年9月
2019年8月   2019年7月
2019年6月   2019年3月
2019年2月   2019年1月
2018年12月   2018年11月
2018年10月   2018年9月
2018年8月   2018年5月
2018年4月   2018年3月
2018年2月   2018年1月
2017年12月   2017年11月
2017年10月   2017年9月
2017年8月   2017年7月
2017年6月   2017年5月
2017年4月   2017年3月
2017年2月   2017年1月
2016年12月   2016年11月
2016年10月   2016年8月
2016年7月   2016年6月
2016年1月   2015年11月
2015年8月   2015年7月
2015年4月   2015年1月
2014年10月   2014年8月
2014年6月   2013年12月
2013年11月   2013年10月
2013年9月   2013年8月
2013年7月   2013年6月
2013年4月   2013年3月
2013年1月   2012年12月
2012年11月   2012年10月
2012年9月   2012年8月
2012年7月   2012年6月
2012年4月   2012年3月
2012年2月   2012年1月
2011年12月   2011年11月
2011年10月   2011年9月
2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月
2011年4月   2011年3月
2011年2月   2010年12月
2010年11月   2010年10月
2010年9月   2010年8月
2010年7月   2010年6月
2010年5月   2010年4月
2010年3月   2010年2月
2010年1月   2009年12月
2009年11月   2009年10月
2009年9月   2009年8月
2009年7月   2009年6月
2009年5月   2009年4月
2009年3月   2009年2月
2009年1月   2008年12月
2008年11月   2008年10月
2008年9月   2008年8月
2008年7月   2008年6月
2008年5月   

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
「琴浦さん」(アニメネタ)
 やられました。えんえんと続くアバンタイトル(オープニングテーマ前のパート)。それも加速していく鬱展開。「これはもう、つらくて見てられない」と思ったところで、予想外に明るいオープニングテーマ。色彩が一転してからのコメディに笑った、そして泣いた。アニメで泣かすなよ。ってかアニメで泣くなよ(→俺)。
 見ていない人には何を言ってるかわからないと思うけど、見た人なら納得してもらえると思います。アバンタイトルはえのきづさんによる原作(私は未読です。でも買うだろうな)にない全くのオリジナルだそうですが、作品の世界観と背景を見事にまとめています。主人公の状況を、落とすところまで落としておいてからの明るい展開という構成は、明朗魔女っ娘アニメだと思わせて、一転、ダークに展開していった、「魔法少女まどか☆マギカ」を連想させるといえば、考えすぎでしょうか。まだ第一回目を見ただけですが、だれかに語らずにいられない魅力を持った新作アニメでした。
 さて、サイコメトリー(読心能力)を持った主人公が活躍する小説といえば、スティーブン・キングの『デッドゾーン』がお勧めです。これも泣かせます。
筒井康隆氏の古典的名作『家族八景』やその続編『七瀬ふたたび』『エディプスの恋人』がありますがちょっと古臭いかな。京極夏彦氏の「百鬼夜行シリーズ」では美貌の探偵神、榎木津礼二郎が大活躍するのはご存じのとおり。
あさのあつこさんの「テレパシー少女蘭事件ノートシリーズ」は当館でも人気です。ご高覧のほどを。
2013年1月18日  そっとん
若者ダンスカーニバル!
すっかり寒くなってまいりましたが、図書館が寒気ではなく熱気に包まれる日があるのをご存じですか? そうです、若者ダンスカーニバルです。
今年で第7回目のこのイベント、とうとう2月10日(日)・11日(月)の二日に拡大し、バージョンアップして開催されます。つきましては、バージョンアップにともなう変更事項をご確認いただき、ご注意の上ご鑑賞ください。
 今年から入場料が500円必要になり、全席指定制になります。開催日当日の入場整理券を当日9:30より、お一人に一枚ずつ、ライティホール入り口付近で発行いたします。枚数に限り(各日70席程度)がありますので、ご了承ください。また、場内のビデオ・カメラによる撮影は関係者以外お断りすることになりました。ご協力お願いします。
詳しくはこちらのHPをご覧ください。
2013年1月16日  楮