トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2020年6月   2020年5月
2020年4月   2020年3月
2020年2月   2020年1月
2019年12月   2019年11月
2019年10月   2019年9月
2019年8月   2019年7月
2019年6月   2019年3月
2019年2月   2019年1月
2018年12月   2018年11月
2018年10月   2018年9月
2018年8月   2018年5月
2018年4月   2018年3月
2018年2月   2018年1月
2017年12月   2017年11月
2017年10月   2017年9月
2017年8月   2017年7月
2017年6月   2017年5月
2017年4月   2017年3月
2017年2月   2017年1月
2016年12月   2016年11月
2016年10月   2016年8月
2016年7月   2016年6月
2016年1月   2015年11月
2015年8月   2015年7月
2015年4月   2015年1月
2014年10月   2014年8月
2014年6月   2013年12月
2013年11月   2013年10月
2013年9月   2013年8月
2013年7月   2013年6月
2013年4月   2013年3月
2013年1月   2012年12月
2012年11月   2012年10月
2012年9月   2012年8月
2012年7月   2012年6月
2012年4月   2012年3月
2012年2月   2012年1月
2011年12月   2011年11月
2011年10月   2011年9月
2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月
2011年4月   2011年3月
2011年2月   2010年12月
2010年11月   2010年10月
2010年9月   2010年8月
2010年7月   2010年6月
2010年5月   2010年4月
2010年3月   2010年2月
2010年1月   2009年12月
2009年11月   2009年10月
2009年9月   2009年8月
2009年7月   2009年6月
2009年5月   2009年4月
2009年3月   2009年2月
2009年1月   2008年12月
2008年11月   2008年10月
2008年9月   2008年8月
2008年7月   2008年6月
2008年5月   

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
「新世界より」
 秋の新作アニメがテレビ欄を賑わせる頃となりました。数多くのアニメが放送される中、思わず身を乗り出し、姿勢を正して見入ってしまったのが、「新世界より」でした。
 ドボルザークの「新世界より」が流れる中、次々と人々が血煙に変わるオープニングで、「なんやこれは!」とモニターに集中するや、画面が一転してのどかな田園風景に、「あれっ」と思う間もなく「それから1000年後」とのテロップが・・・。テンポよく切り替わる画面展開のうちに第一話が終了。正直「?」の部分もあったのですが、逆に言えば続きが気になります。
 で、ネットで調べたところ、2008年の日本SF大賞受賞作。作者は貴志祐介さんでした。貴志さんといえば、サイコホラーの超傑作「黒い家」で私の背筋を凍らせ、先端技術と『雨月物語』の奇妙な融合(というか分離)をみせた、「ISOLA 十三番目の人格」でしんみりとさせてくれた、大阪出身のベテラン作家さんです。これは期待大です。
 府立図書館でも所蔵していますので、興味のある方、アニメを見たけどよ―わからんという方は、読まれてみてはいかがでしょうか。
  「新世界より 上」
  「新世界より 下」
 「悪の経典」も映画化されるようです。
2012年10月11日  そっとん
はははのはなし ― 行きはヨイヨイ帰りは!?
最近まで、歯痛とは無縁で来たのですが、2年前親不知が横向きに生えているため、歯磨きがうまくできず、隣の歯が虫歯になっているとの事で、抜歯して貰いました。近場の歯医者さんに、自信なさそうな様子で、「大学の付属病院で抜歯してもらいたいなら紹介します。抜歯がすんだら、虫歯の手当は当院で・・・」といわれ出かけました。なかなか抜けず、途中で麻酔を追加、1時間かかりました。
 抜歯後、隣の虫歯を削り充填して貰ったのですが、どうも収まりが良くないのです。でもいくら言っても、歯医者さんは「これで大丈夫です」の繰り返し。以後2年間歯が浮いた感じ、圧迫感が抜けず、その歯をなるべく使わない様にしてきました。       
 どうしても納得がいかないので、昨日思い切って抜歯して貰った付属病院に行きました。やはり「一か所さわっていたところがある」との事で、削ってもらいました。      
 結果「圧迫感よさようなら!」2年にわたる悩みは何だったのでしょう!?帰り道の爽快な事、つい途中で栗(渋皮煮用)と紅玉リンゴ(ジャム用)を買ってしまいました。   
 10日後に再検査です。 セカンドオピニオンの大切さ身をもって知りました。
2012年10月11日  夢追人
落し物?それともただのゴミ!? 
 一昨日は4本、昨日は2本、台風の落し物、道端に放置された壊れた傘を拾いました。最初に拾ったのは6月頃の台風の後で10本程、内5本は下水処理場の周囲で拾いました。見つけた直後は、職員さんが気が付づいて処分してくれるかも・・・と期待していたのですが・・・。昨今はゴミ処理も大変なのでしょう。何日たってもそのままなので見兼ねて拾って帰りました。その後もここで何本か拾っています。           
 以前からここと大阪城公園の周囲は、傘だけでなく、テレビ・やかん・おなべ・ガスコンロ・バギーカー・衣装ケース、衣類等々、摩訶不思議な物が捨てられているのです。
 ゴミを個人の家の前に捨てる人はあまりいませんが、公共施設や公園となると話は別の様です。皆の物は私の物!? どうも日本人って、公共物の使い方が下手ですね。
 今では拾った傘が30本をこしましたが、これらの傘、コンビニ販売のビニール傘でほとんどが広げたままポイ!!コンビニ発のゴミが多いと思っているのは私だけでしょうか。
2012年10月11日  テレビっ子