視覚障がい者に対する点図ディスプレイ利用サービスのご案内


現在、図書館ではITを活用したバリアフリーな図書館サービスを提供できるようになってきています。大阪府立中央図書館では「大阪府マルチメディア・モデル図書館展開事業(通信・放送機構)」の実証実験にて点図ディスプレイを活用した図書館サービスを開始しました。
 点図ディスプレイは、現在、NASDA(宇宙開発事業団)、東京大学、NFB(米国盲人連合)、ケージーエス株式会社(開発会社)の4カ所にしかなく、大阪府立中央図書館が5カ所目の設置となり、世界で初めて公共施設における一般開放のための導入となりました。
◆点図ディスプレイを活用した図書館サービス
利用を希望される場合は前もって電話などでお申込みください。下記の内容で利用可能です。
@インターネット情報の利用サービス・・・
インターネットのコンテンツ(文字情報や画像情報)、大阪府立図書館蔵書検索、大阪府Web−OPAC横断検索の画面を視覚障がい者に触覚にて読み取ってもらうことができます。
Aスキャナー等を使った図書や情報の利用サービス・・・
活字図書や地図・画像情報をスキャナーやデジタルカメラで読み込み、視覚障がい者に触覚にて読み取ってもらうことができます。
B大阪府立図書館の貴重資料の利用サービス・・・
大阪府立図書館が所蔵する貴重資料の高精細ディスプレイによる公開(大阪府マルチメディア・モデル図書館展開事業)に併せて、視覚障がい者には点図ディスプレイを使って触覚にて読み取ってもらうことができます。
C点字プリンタ・プロッタによる点字印刷サービス・・・
来館困難な利用者には、これらの情報を点字プリンタ・プロッタ(点図が印刷可能な点字プリンター)で点字印刷し、提供します。
問合せ先:大阪府立中央図書館障がい者支援室
所在地 〒577−0011 東大阪市荒本北1-2-1
電話 06−6745−9282(障がい者支援室直通)

点図ディスプレイの写真


点図ディスプレイの写真





障がい者サービスのページへ]

中央図書館トップページへ]