トップページ  > 中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」
みんなで楽しむ
過去のブログはこちら
2019年12月   2019年11月
2019年10月   2019年9月
2019年8月   2019年7月
2019年6月   2019年3月
2019年2月   2019年1月
2018年12月   2018年11月
2018年10月   2018年9月
2018年8月   2018年5月
2018年4月   2018年3月
2018年2月   2018年1月
2017年12月   2017年11月
2017年10月   2017年9月
2017年8月   2017年7月
2017年6月   2017年5月
2017年4月   2017年3月
2017年2月   2017年1月
2016年12月   2016年11月
2016年10月   2016年8月
2016年7月   2016年6月
2016年1月   2015年11月
2015年8月   2015年7月
2015年4月   2015年1月
2014年10月   2014年8月
2014年6月   2013年12月
2013年11月   2013年10月
2013年9月   2013年8月
2013年7月   2013年6月
2013年4月   2013年3月
2013年1月   2012年12月
2012年11月   2012年10月
2012年9月   2012年8月
2012年7月   2012年6月
2012年4月   2012年3月
2012年2月   2012年1月
2011年12月   2011年11月
2011年10月   2011年9月
2011年8月   2011年7月
2011年6月   2011年5月
2011年4月   2011年3月
2011年2月   2010年12月
2010年11月   2010年10月
2010年9月   2010年8月
2010年7月   2010年6月
2010年5月   2010年4月
2010年3月   2010年2月
2010年1月   2009年12月
2009年11月   2009年10月
2009年9月   2009年8月
2009年7月   2009年6月
2009年5月   2009年4月
2009年3月   2009年2月
2009年1月   2008年12月
2008年11月   2008年10月
2008年9月   2008年8月
2008年7月   2008年6月
2008年5月   

中央図書館職員ブログ「職員の日記帳」

このページでは、府立中央図書館の職員が「日記帳」としてブログを作成し、公開しています。日常の業務のこと、最近読んだ本のことなど、特にジャンルは決まっていません。どうぞみなさんにもお読みいただき、少しでもみなさんとの距離が縮まることを願っています。
  • このブログには「コメント」の掲載や「トラックバック」は受け付けていませんのでご了承ください。
「あなたのおすすめ本のPOP広場」の全応募作品展示しています!
図書館の周りの木々が色づき始めました。いよいよ読書の秋ですね!

 さて、おすすめの本をPOP(本を読みたい気分にさせる文章やイラスト)で表現する「あなたのおすすめ本のPOP広場」。8回目となる今年は、高校の部に624作品、中学の部に563作品もの応募があり、総数1187作品でした。たくさんのご応募、ありがとうございます!

http://www.library.pref.osaka.jp/site/central/8pophiroba-pirze.html

 ただ今、1階エントランスホールに、応募作品全点をずらりと展示しています。本を読んでみたくなる力作のPOPばかりですので、ぜひご覧になってください。また、11月8日(日)午後1時30分から入賞作品の表彰式を行いますので、どうぞお立ち寄りください。
2015年11月5日  Gardenia
『未来が過ぎ去った!』
 2015年10月21日。先日過ぎ去ったこの日のことを、みなさんはご存じでしょうか。そうです。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PARTU』で、主人公マーティ・マクフライが1985年からやってきた未来、それが2015年10月21日です。

 三十路前の私などは、子どもの頃から何度もこの映画を見返してきたので、とても感慨深くなります。今でも耳に残るのは、劇中でマーティ(CV三ツ矢雄二)が「2015年っ!?」と驚く声。当時は遠い未来だと思っていたのが、すでに過ぎてしまいました。時間の流れを感じてしまいますね。ホコリがつかない紙は発明されませんでした。

今の中学・高校生の方々の中には、この映画を「見たことがない」という方もいらっしゃるかもしれませんが、ぜひ一度ご覧ください。最上級のSFエンターテイメント映画ですよ。(CV三ツ矢雄二版がおすすめなのですが、一部の限定盤にしか収録されていないのが残念です)

 さて、図書館でも『バック・トゥ・ザ・フューチャー』関係の資料を所蔵しています。

『バックトゥ・ザフューチャー』(東宝出版・商品販促室 1985.12)

 こちらは1985年当時の映画パンフレット。府立中央図書館では映画のパンフレットも収集・保存しています。もちろん、T〜Vまでそろっています。制作の裏話は必見!

『バック・トゥ・ザ・フューチャー  (創元推理文庫)』(安田均/著   TTG/著 東京創元社 1985.11)

こちらは小説ではなく「ゲームブック」というものです。読んでいる自分が主人公となり、自分の行動を選択肢で選んだり、サイコロを振って決めたりしながら、ハッピーエンドを目指します。
突飛な行動をマーティがとったり、『時間エントロピー修復機関』というオリジナルな登場人物が出てきたりなど、新たな『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が楽しめます。

 ちなみに、小説版は新潮文庫から出ています。映画にはないシーンや、エピソードの裏話が読めるのでなかなか面白いのですが、残念ながら大阪府立図書館では未所蔵。
しかし、皆様のお近くの図書館ならば持っていたり、持っていなくても他の図書館から取り寄せたりもできますので、興味があれば一度図書館まで足を運んでみては?

『スニーカー限定モデルガイド』(アンオーソドックス・スタイルズ/文・デザイン   田口未和/訳 ガイアブックス 2015.9)

 この映画のファンならば、スニーカーと言えばピンとくるのではないでしょうか。マーティが2015年に来たときに履いた、自動で靴ひもがキュッとしまる白い靴ですね。とても便利な靴です。
劇中では「NIKE」のロゴが入ったこのスニーカーですが、現実のNIKEもこの靴のレプリカを販売したことがあります。それがこの本のP156でも紹介されている「Nike Air Mag」。2011年に限定発売されました。自動でひもがしまる機能はありませんが、形はまさしくあの靴です。
最近のニュースを見ると、NIKEは自動でひもがしまるバージョンの靴も開発し、発売を予定しているそうですね。

 最後に、映画とは直接の関係はありませんがこんな本もご紹介。

『昭和ちびっこ未来画報』(初見健一/著 青幻舎 2012.1)

 1950〜70年代に様々な子ども向けメディアで掲載された「未来予想図」を集めた本です。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が予想していたものとはまた違った未来の数々。奇想天外ながらも自由な発想ばかりで、読んでいると自然に笑ってしまいます。絵が中心の本なので気軽に借りてみてください。
2015年11月4日  RY