ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 生涯学習 > POP広場 > 第11回 あなたのおすすめ本のPOP広場 作品募集

第11回 あなたのおすすめ本のPOP広場 作品募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年6月23日更新
若者のみなさんへ!第11回あなたのおすすめ本のPOP広場

“本のPOP”大募集!POPであなたの感動を広めてみませんか

大阪府立中央図書館では、「第11回あなたのおすすめ 本のPOP広場」というコンテストを行います。
このコンテストはPOPの持つ「読んだ本のすばらしさを表現し、伝える力」、また「本を読みたい気持ちにさせる力」を活用し、多くの人に本のすばらしさを伝え、本を読むきっかけにしていただきたいとの思いから開催するものです。
若者のみなさんの「こんな本を読みたかった」「俺は今猛烈に感動している」「なにこれすごい」「世界観が変わった…」など、こんな感動を本のPOPに表現して、大好きなオススメ本の魅力をぜひ伝えあってください(なお、「POP」という言葉は「本を読みたい気持ちにさせる文章やイラスト」という意味で使用しています)。
昨年の様子はこちら

作品「世界からボクが消えたなら」 昨年度最優秀作品(中学の部)     作品「ひきこもりの弟だった」 昨年度最優秀作品(高校の部)

募集について

(1)応募資格

  • 中学校の部: 中学校・中等部の在籍者又は中学生相当年齢(平成31年4月1日現在13歳~15歳)
  • 高校の部: 高校・高等部の在籍者又は高校生相当年齢(平成31年4月1日現在16歳~18歳)

(2)対象資料

図書のみ(漫画本は不可)

(3)POPの規格

  1. 大きさ: 105mm×148mm(A6判)から148mm×210mm(A5判)まで(角をカットするなど、形は自由) ※大きさ厳守でお願いします
  2. 材質: 紙(画用紙程度の厚みのある紙が望ましい)
  3. 画材: 自由
  4. 本の紹介文: 制限字数なし

(4)作品提出

下部にある応募用紙を印刷・記入し、POP作品の裏に貼り付けたうえでご来館・郵送にてご応募ください(学校でまとめてご応募いただくことも歓迎いたします)。

(5)募集期間

平成30年7月1日(日曜日)から9月7日(金曜日)[必着]

(6)応募上の注意

  1. 応募は1人につき5点以内といたします。学校単位でご応募いただく場合、1校につき100点以内と いたします。
  2. POPは手書きされたものに限ります(既存のイラスト集など使用したコラージュは不可)。
  3. オリジナル作品(未発表)に限ります。
  4. 応募作品の著作権・所有権は主催者に帰属いたします。
  5. 応募作品は原則として返却いたしません。ただし、返却を希望する場合は返信用切手を同封してください。
  6. 応募作品のうち、入賞及び特別賞作品等は事業終了後に当館ホームページでの公開(ダウンロードも可)や冊子への掲載及び当館閲覧室等での活用など、広く利用する予定ですので、表紙・挿絵や既存のキャラクターなど著作権を侵害する恐れのあるイラストや文章などは使用しないでください。

選考について

(1)第1次審査(当館職員による選考)

当館職員が本の紹介文の内容とデザイン性を総合的に判断して、部門別にそれぞれ一定数を選考します(同一人物の作品は2点以内とする)。

(2)第2次審査(審査員による選考)

(3)賞の区分

部門別に最優秀賞・優秀賞・優良賞・大阪公共図書館協会賞を授与します。さらに、大阪府立中央図書館職員が選考のうえ特別賞を授与します。

(4)表彰状の贈呈

各受賞者には大阪府立中央図書館より表彰状を贈呈いたします。贈呈式は11月4日(日曜日)に行う予定です。また、原則として全応募作品を10月23日(火曜日)から11月4日(日曜日)まで当館1階にて展示する予定です。

応募案内

下記の応募用紙を印刷し、記入後、作品の裏に貼り付けてご応募ください。
※記入いただいた個人情報は本事業に関する連絡のみに使用いたします。
本のPOP広場 応募用紙 こちらからDLできます [jpg/36KB]

作品送付先・お問合せ先

大阪府立中央図書館 生涯学習事業担当
〒577-0011 東大阪市荒本北1-2-1  電話06-6745-0170(代表) FAX06-6745-0262
※電話番号をおかけ間違いのないようご注意ください。

OSAKA PAGE ONEキャンペーン

大阪府では、毎月第1土曜日・日曜日を「OSAKA PAGE ONEの日」とし、この日を中心に、子どもの読書推進についての啓発、乳幼児への読み聞かせや、中高生が魅力的な本と出合うための取組みなど、家庭や地域での読書活動を促進するための取組みを進めていきます。

作品「THE RED BOOK」 昨年度優秀作品(中学校の部)  作品「瓶詰地獄」 昨年度優秀作品(高校の部)