第70回大阪資料・古典籍室1小展示
平成18年3月10日(金)〜5月10日(水)

■ 『熱河日記』 24巻12冊 朴趾源著 写 【韓14-5】

朱子学のみを尊崇する風潮を批判して登場してきた実学派に属する朴趾源(燕巌、1737-1805)が、李朝から中国へ派遣された使節「燕行使」に随伴し、清朝乾隆帝のいる避暑地熱河へ向かった際の見聞記。なお、この書には平凡社東洋文庫に邦訳がある。『熱河日記 朝鮮知識人の中国紀行』

『熱河日記』 『熱河日記』

韓本(朝鮮本)の世界へ戻る

※ 無断で転載・転用することを禁止します。