第70回大阪資料・古典籍室1小展示
平成18年3月10日(金)〜5月10日(水)

■ 『宋子大全』 215巻102冊 宋時烈著 正祖11(1787)年 【韓10-40】

宋時烈(尤庵、1607-1689)は「北伐論」などを唱えた朱子学者。彼の文集であるこの書に「宋子」とあるのは、孔丘を「孔子」、朱熹を「朱子」と呼ぶのと同様、朝鮮半島史上、唯一彼らと肩を並べるほどの先生であるという意味の尊称である。

『宋子大全』 『宋子大全』

韓本(朝鮮本)の世界へ戻る

※ 無断で転載・転用することを禁止します。