ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 国際児童文学館 > イベント情報(展示・講演会など) > 大阪府立中央図書館 国際児童文学館 企画展示「国際児童文学館移転開館10周年記念 しかけ絵本に驚く、楽しむ ―イギリスの歴史からはじめて―」

大阪府立中央図書館 国際児童文学館 企画展示「国際児童文学館移転開館10周年記念 しかけ絵本に驚く、楽しむ ―イギリスの歴史からはじめて―」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月13日更新

​企画展示「国際児童文学館移転開館10周年記念 しかけ絵本に驚く、楽しむ ―イギリスの歴史からはじめて―」

 しかけ絵本はイギリスでも多数出版されてきましたが、壊れやすく、ほどんど保存されてきませんでした。
 この展示では、破損や修理跡が分かる満身創痍のものもあります。
 200年ほどの歴史を辿りながら、多様なしかけに読者はどう驚き、楽しんできたかを三宅興子さんの寄贈資料の中から紹介します。

 

The Flower Fairy

“The Flower Fairy”

Bookano Stories with Pictures that Spring up in Model Form. No.10

Edited & Produced by S.Louis Giraud, Strand Publications, 1943.

 

会期

2020年11月13日(金曜日)から12月27日(日曜日)まで

場所(開館時間)

  • 大阪府立中央図書館 展示コーナーA・B(午前9時から午後7時まで)*土日祝は午後5時まで
  • 国際児童文学館(午前9時から午後5時まで)

入館は無料です。

休館日

月曜日(11月23日は開館)と11月24日(火曜日)、12月10日(木曜日)

協力

 一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団 

【解説】

解説はこちら

【展示資料】

展示資料リストはこちら

 関連イベント

講演会「しかけ絵本に驚く、楽しむ ―イギリスの歴史からはじめて―」

日時

2020年11月28日(土曜日)

午後2時から午後4時まで

場所

大阪府立中央図書館2階 多目的室

講師

三宅興子さん(大阪国際児童文学振興財団 特別顧問)

定員

子どもの本に関心のある方ならどなたでも 40人(申込先着順) 

参加費

1500円

申込方法  

詳しくは大阪国際児童文学振興財団のホームページをご参照ください。

主催

一般財団法人 大阪国際児童文学振興財団

後援

大阪府立中央図書館 国際児童文学館