ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

調査ガイド 健康・医療情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年3月31日更新

大阪府立中央図書館調査ガイド 09 2016年3月 ≫ PDFファイル:312KB

「自分のかかっている病気の標準的な治療法を知りたい」、「健康診断で異常が見つかったが、その値の意味を知りたい」、「自分の住んでいる地域にどんな病院があるのか調べたい」など、当館には健康・医療関係の質問が多く寄せられています。ただ健康や医療に関する情報は調べるのに工夫が必要なため、お求めの情報にたどりつくのに苦労される場合も多々見受けられます。本ページでは健康・医療情報を調べるのに役立つ当館所蔵資料の一部をご紹介します。【 】は当館資料の請求記号です。

【ご注意】
当館では、専門家の判断が必要な、個別の健康相談・医療相談は行っていません。
個別の健康相談・医療相談は、お近くのお医者さんにご相談ください。

【調査ガイド 健康・医療情報 目次】

風邪をひいている人

  1. 病気とその治療法について調べる
  2. 薬・検査値について調べる
  3. 病院・医師について調べる

1. 病気とその治療法について調べる

《家庭用医学書》

医学書は記述が専門的で難しいケースが多いです。そこで調査の第1歩として、家庭用医学書から調べる方法をお勧めしています。

■ 『家庭の医学 新赤本』(保健同人社 2008年10月)【598.3/8N】
具体的な症状からどんな病気が考えられるか等、日常の場面に即して病気が解説されています。また現在の医療や看護の最新事情についてもわかりやすく記載されています。

■ 『家庭医学大全科 BIG DOCTOR』(法研 2010年10月)【598.3/14N】
病気とけがに特化した事典です。一般向け医学情報が2600項目余に渡ってわかりやすく記載されています。また医学に関するコラムも400項目あります。

■ 『家庭医学大事典 ホーム・メディカ』(小学館 2008年11月)【598.3/6N】
病気の原因や症状、検査、受診した方がよい診療科、医師の行う治療法、予防法などが具体的に解説された事典です。貸出できます!

《医学事典》

家庭用医学書でお探しの事柄が見つからなかった場合、より深く調べたい場合は、医学事典を引いて調べてみてはいかがでしょうか。

■ 『南山堂医学大辞典』(南山堂 2015年4月)【490.3/43N】
基礎医学から臨床医学にわたる見出し語約40000語、図表約900点、外国語索引約110000語を収載した、質量とも充実した辞典です。

■ 『看護大事典』(医学書院 2010年3月)【492.9/378N】
解説項目約29000、見出し項目16000に及ぶ看護事典です。看護用語や看護ケアに関する事項も充実しています。

当館には分野別の医学系の事典があります。以下、数冊、ご紹介します。お探しの分野についてどんな辞書・事典があるかは、当館の蔵書検索システムで検索してみてください。当館の蔵書検索システムの使い方については、大阪府立中央図書館調査ガイドNo.1「大阪府立図書館で 本を探すには?」をご覧ください。

■ 『難病事典』(学研メディカル秀潤社 2015年12月)【493.1/1353N】

■ 『感染症事典』(オーム社 2012年1月)【493.8/255N】

■ 『現代精神医学事典』(弘文堂 2011年10月)【493.7/2654N】

■ 『メンタルヘルス事典 心の健康大百科』(同朋舎メディアプラン 2005年8月)【493.7/882N】

《治療法》

病気に関する標準的な治療法について紹介している資料です。

■ 『今日の治療指針:私はこう治療している 2012年』(医学書院 2012年1月)【492/23N】
最新の治療法を専門家が執筆した治療年鑑です。

■ 『標準治療:[2006]最新版 家庭のドクター』 (日本医療企画 2006年7月)【490.3/63N】
第一線の専門医が、病気ごとの最適な治療法を解説しています。代表的な病気約570が診療科目別・頻度順別に掲載されています。

● 「メルクマニュアル医学百科 最新家庭版」(MSD株式会社)[web] ※別ウインドウで開きます。
世界で最も信頼されている医師向けの「メルクマニュアル」をベースに、わかりやすく書き下ろした家庭向け医学書で、300人近い医療の専門家によって執筆されています。

● 「Minds 医療情報サービス」 (公益財団法人 日本医療機能評価機構)[web] ※別ウインドウで開きます。
厚生労働科学研究費補助金により公開されている医療情報サービスです。診療ガイドラインや関連医学文献を見ることができます。

● 「病気の標準治療ガイド」 (特定非営利活動法人 標準医療情報センター)[web] ※別ウインドウで開きます。
医学会や厚生労働省研究班などが科学的根拠に基づき医師用に提供している 診療ガイドライン(指針)を、分野別・疾患別にわかりやすくまとめた「病気の標準治療法解説」を見ることができます。

● 「がん情報サービス」 (国立研究開発法人 国立がん研究センターがん対策情報センター)[web] ※別ウインドウで開きます。
各種がんの解説や診断・治療方法、関係統計など、がんに関する様々な情報を提供しています。

2.薬・検査値について調べる

《薬》

■ 『JAPIC一般用医薬品集』(日本医薬情報センター 年刊)【499.1/20N】
国内で流通している一般用医薬品約12000品目の添付文書(薬事法で定められた、薬の使用上の注意などを記載した文書)情報を収載しています。

■ 『ピルブック 薬の事典』(ソシム 年刊)【499.1/25N】
病院・薬局などで処方される医薬品約9000品目の情報が掲載されています。ビジュアル的に読みやすいレイアウトになっています。

■ 『今日の治療薬 解説と便覧』(南江堂 年刊)【499.1/32N】
よく使用される医家向けの薬をまとめた便覧です。一般名、代表的薬価、ジェネリック医薬品などのほか、妊婦・授乳婦への危険度、小児用量なども記載されています。

■ 『JAPIC医療用医薬品集』(日本医薬情報センター 年刊)【499.1/12N】
医療の現場で使用されている医薬品及び供給が予定されている医療用医薬品の効能・効果、用法・用量、添付文書記載内容などが掲載されています。

■ 『漢方のくすりの事典 カラー版』(医歯薬出版 2011年6月)【499.8/71N】
約780種類の生薬を50音順に収録した事典です。和漢生薬から、中医学で使用される漢方生薬、欧米のハーブまで幅広く記載されています。

■ 『JAPIC漢方医薬品集』(日本医薬情報センター 2014年1月)【499.8/330N】
国内に流通する全ての漢方製剤の概要を医療用・一般用に分けて掲載しています。

● 「独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)ホームページ」[web] ※別ウインドウで開きます。
医薬品・医療機器等に関する最新の情報を知ることができるサイトです。薬の説明書を見ることができる「一般用医薬品・要指導医薬品 情報検索」なども利用できます。

● 「上手なセルフメディケーション」(日本OTC医薬品協会)[web] ※別ウインドウで開きます。
薬局・薬店で購入できる市販薬の詳しい情報を検索できる「おくすり検索」や、薬で困ったことや疑問などを薬の種類別に紹介した「おくすりQ&A」等、多数のコンテンツを提供しています。

《検査値》

■ 『日常診療のための検査値のみかた』(中外医学社 2015年4月)【492.1/258N】
各検査の基準値や異常値の見方、考え方について解説されています。貸出できます!

■ 『パーフェクトガイド検査値事典』(総合医学社 2014年7月)【492.1/215N】
約700種類の臨床検査項目が掲載されています。貸出できます!

■ 『病院で受ける検査と数値がわかる事典』(成美堂出版 2013年9月)【492.1/236N】
各検査値の見方について解説するとともに、検査の目的・内容なども記載されています。貸出できます!

3. 病院・医師について調べる

■ 『近畿病院情報 2010年版 大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重』(医事日報 2010年1月)【498.1/918N】
近畿地方の病院の所在地、診療科目、医療サービス、おもな専門診療、疾患名・手術件数、併設施設、医療機器、患者数、病床数などが記載されています。

■ 『患者相談協力専門医等名簿 平成26年度』(日本アレルギー協会 2014年10月)【498.1/2037N】
日本アレルギー学会の専門医および、日本アレルギー協会各支部から推薦されたアレルギー診療に熱心な医師の名簿です。都道府県別に市・郡の五十音順に配列され、氏名、診療科名などが記載されています。

● 「大阪府医療機関情報システム」(大阪府健康医療部保健医療室)[web] ※別ウインドウで開きます。
大阪府内の医療機関に関する情報を検索することができます。診療時間や交通手段など、様々な情報が得られます。

● 「WAM NET」(独立行政法人 福祉医療機構)[web] ※別ウインドウで開きます。
福祉保健医療関連の総合的な情報ネットワークシステムです。全国の介護保険、障害福祉サービスの事業者や病院・診療所などの検索や行政資料の閲覧が可能です。

● 「病院検索JAPAN」[web] ※別ウインドウで開きます。
都道府県、市区町村、最寄駅や診療科目で、全国の病院・診療所・歯科医院を絞り込み検索できます。

● 「日本歯科医師会ホームページ」[web] ※別ウインドウで開きます。
都道府県、市・区・郡や診療科目などから、近くの歯科医を検索できる「全国の歯医者さん検索」があります。

もっと詳しく ⇒ 3階カウンターにお気軽にお問い合わせください!

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)