ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > ビジネス支援サービス > セミナー・講座・展示 > セミナー・講座 > ビジネスセミナー「令和2年度 学んですぐ実践!仕事力・経営力アップ講座」

ビジネスセミナー「令和2年度 学んですぐ実践!仕事力・経営力アップ講座」

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月4日更新

大阪中小企業診断士会と大阪府立中之島図書館の共同開催セミナー 令和2年度 学んですぐ実践!仕事力・経営力アップ講座 タイトル見出し

もくじ

回数 タイトル 講師 開催日 状況
第1回 大阪の自然災害の歴史から防災・減災を学び企業の強靭化を高めましょう! 福島 猛 さん 令和2年7月15日(水曜日) 終了しました
第2回 打ち手がわかる決算書の活用方法 橋本 賢宏 さん 令和2年8月19日(水曜日) 受付は終了しました

なお、第3回目以降の予定は次のようになっています。
※今後の状況により、開催日や内容などが変更になる可能性があります。
※第3回以降の内容詳細につきましては、申込受付が始まりましたら、順次お知らせいたします。

回数 タイトル 講師 開催日 状況
  プレゼンテーションスキルを劇的に向上する
-何を伝えるではなく何が伝わるか-
青木 孝之 さん 令和2年9月16日(水曜日)予定 8月中旬頃受付開始予定
  あなたのコミュニケーションタイプは何タイプ!?
-職場コミュニケーションの円滑化・活性化のために、自己診断・他者診断ワークショップ-
但馬 久美 さん 令和2年10月21日(水曜日)予定 9月中旬頃受付開始予定
  個人事業主の確定申告体験セミナー 中田 隼人さん 令和2年11月18日(水曜日)予定 10月中旬頃受付開始予定
 

未定

未定 令和2年12月16日(水曜日)予定 11月中旬頃受付開始予定
  事例で学ぶ 【実践】ビジネスモデルのつくり方 中野 愛子 さん 令和3年1月20日(水曜日)予定 12月中旬頃受付開始予定
  ものづくり企業必見!! 大企業に選ばれる秘訣 大萱 芳久 さん 令和3年2月17日(水曜日)予定 1月中旬頃受付開始予定
  補助金・助成金を申請するための事業計画書を作るノウハウを学ぼう、自分のなりたい姿を描けば結果はでてくる! 伊藤 勢津子 さん 令和3年3月17日(水曜日)予定 2月中旬頃受付開始予定

 

第1回 「大阪の自然災害の歴史から防災・減災を学び企業の強靭化を高めましょう!」

令和2年 7月 15日(水曜日)18時30分から20時00分(18時00分開場)  ※終了しました  

経験豊富な講師による防災・減災セミナー

  30年以内に南海トラフ地震発生確率70~80%。毎年全国で発生する豪雨や台風の被害。さらに今年は新型コロナウイルス感染症が世界に拡大して、経済や社会に大きな影響を及ぼしています。大阪は長い歴史の中で多くの自然災害を経験していますが、その教訓を生かして危機管理体制を整えることは我が国の産業を支える中小企業にとって大きな課題です。こうした中、中小企業庁は、防災・減災対策として「事業継続力強化計画」認定制度を推奨しています。
 セミナーでは、前半は大阪における自然災害の歴史から防災・減災の教訓を学び、この事業継続力強化計画認定制度の内容を理解していただきます。後半は実際に計画申請書の作成演習をしていただきます。この計画を活用して防災・減災への意識を高めていただき、企業の強靭化に役立てていただくことを目指します。

本講座のレベルは初級です。
 初級(予備知識なしでも理解できる) 中級(基本的な知識が必要) 上級(応用レベル、専門的な内容を含む)

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、必ずマスクを着用の上、ご参加ください。また、会場の窓は開けて開催いたしますので、あらかじめご了承ください。
※当日体調不良の方は参加をお控えください。(後日配布資料をお渡しできます。)

第1回講師 フクシマタケシさんの写真

 講師:福島 猛さん(中小企業診断士,福島経営研究所代表)

 1975年清水建設に入社。1995年1月阪神淡路大震災では自ら被災し、親戚2名を喪うが、復旧・復興事業に従事する中で防災・減災の重要性を痛感。特定非営利活動法人事業継続推進機構(BCAO)に参加し、知見を深める。2007年日本医学会総会で行った災害医療についての講演を皮切りに、防災・減災セミナーを企画実施する。2010年公益財団法人がんの子どもを守る会に入職。施設の感染症対策に取り組む。2018年独立し福島経営研究所を開設。2019年中小企業庁 中小企業強靭化対策事業 事業継続力強化計画 指導人材研修等に参加し、10月に計画の認定を取得。同年度から(公財)尼崎地域産業活性化機構 減災アドバイザー、2020年度から神戸商工会議所エキスパートとして減災活動に携わっている。

 


第2回 「打ち手がわかる決算書の活用方法」

令和2年 8月 19日(水曜日)18時30分から20時00分(18時00分開場)  

「数字に強い経営者」を目指す

  決算書は情報の宝庫です。しかし、あくまで過去のものなので分析結果に一喜一憂する必要はなく、その情報を未来のためにどう活かしていくのかの指針とすることに意味があります。また、業種によって何をすれば効率的に利益を向上させることができるのかという指標は異なり、それは決算書から読み取ることができます。
 この講座では、実際の事例を交えて主に損益計算書の活用方法を理解していただき、自社に落とし込めるようになっていただくことを目標とします。

本講座のレベルは初級です。ただし、決算書の構造などの基礎知識がある方が、理解しやすい講座となっています。
 初級(予備知識なしでも理解できる) 中級(基本的な知識が必要) 上級(応用レベル、専門的な内容を含む)

※1 当日は電卓をお持ちください。
※2 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、手洗い、マスク着用などの感染拡大防止策にご協力をお願いいたします。また、会場の窓は開けて開催いたしますので、あらかじめご了承ください。
※3 当日体調不良の方は参加をお控えください。(後日配布資料をお渡しできます。)

第2回講師 ハシモトタカヒロさんの写真

 講師:橋本 賢宏さん(中小企業診断士, 株式会社カタリスト・アソシエイツ 代表取締役 橋本会計事務所 所長)

 現在、大阪市西区で社員4名の会計事務所とコンサルティング会社を経営。会計事務所の業務といえば会計・税務の処理型の支援が中心になりがちだが、「お客様のお役に立ちお客様を元気にする」の経営理念のもと、月次決算書と経営計画書の作成支援に力を入れている。自社の数字を基に経営判断ができる、数字に強い経営者になっていただけるよう様々な会計・財務サービスを展開している。また、中小企業診断士として、事業承継や経営改善の支援も積極的に行っており、専門家のネットワークも活用して幅広い業務もこなしている。過去には大阪市の運営する経営相談室「あきない・えーど」の専門家であるあきない経営サポーターとしての中小企業支援の実績があり、大阪産業創造館・大阪商工会議所・金融機関でのセミナーや研修も行っている。

 


◆ 第2回 ◆ 定員に達しましたので、参加申込みの受付は終了させていただきました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

[会場] 大阪府立中之島図書館 別館2階 (会場へのアクセス

[参加費] 無料

会場へのアクセス

会場地図※ご注意:別館の入口は図書館の入口とは別の入口になります。

最寄駅

Osaka Metro(地下鉄)御堂筋線「淀屋橋」駅・京阪本線「淀屋橋」駅 (1号出口)北東へ約300メートル

京阪中之島線「なにわ橋」駅 (1番出口) 西へ約300メートル

京阪中之島線「大江橋」駅(6番出口)東へ約300メートル

お問い合わせ窓口

大阪府立中之島図書館 ビジネス支援課(担当:泉・西尾) 大阪市北区中之島1-2-10 電話:06-6203-0474(代表) ファックス:06-6203-4913