大阪府立図書館

English 中文 한국어 やさしいにほんご
メニューボタン
背景色:
文字サイズ:

「川田文庫目録(2)」-web版- 書簡の部

大阪府立図書館 > 調査支援・資料紹介 > 調べ方案内 > 特定の本・資料を探す > 各種目録案内 > 貴重書・特別文庫 > 大阪府立中之島図書館蔵 川田文庫 > 「川田文庫目録(2)」-web版- 書簡の部

更新日:2021年3月23日

川田順宛書簡

有島生馬

昭和7年1月1日 絵葉書 墨書 年賀状(第3回二科美術展覧会出品「切通坂」自作品の絵葉書)。 【川田文庫-982-1】

有馬景義

昭和15年1月8日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-2】

泉幸吉

昭和〔20〕年1月31日 封書 2枚 ペン書 国内情勢険悪の折につき、歌集の出版を一時見合わせたく出版社へのお執り成し方依頼。 【川田文庫-982-3】

昭和21年2月21日 封書 2枚 ペン書 歌集発刊の件について、斎藤氏の序文および歌稿発送いたしましたので宜しくとの依頼。 【川田文庫-982-4】

昭和21年7月17日 封書 1枚 ペン書 歌集出版について、印刷等その後の進捗状況お尋ね、および著者「細川幽斎」恵与下されたことのお礼。 【川田文庫-982-5】

昭和〔21〕年8月6日 封書 2枚 ペン書 便箋サイン住友吉左衛門 「急雪」特製本装幀の画稿、印刷技術上の問題で一応返還をしたい旨の依頼。 【川田文庫-982-6】

昭和21年8月22日 封書 1枚 ペン書 歌集の校正刷についての配慮と、著書「枯草録」恵与下されたことのお礼。 【川田文庫-982-7】

昭和〔 〕年〔 〕月19日 封書 1枚 ペン書 歌集「途上」を聖上或は皇太子様への献上について相談。 【川田文庫-982-8】

犬養健

昭和11年4月25日 封書 6枚 墨書 近詠25首の御教正依頼(昭和11年4月15日選挙違反の疑いにより岡山刑務所に収容された時の歌)。 【川田文庫-982-9】

今村荒男

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-10】

今村幸男

明治43年1月11日 封書 巻紙 便箋2枚 墨書 日高氏より依頼の件、河原林義雄氏長女のこと、取り敢えず別紙同封にて連絡。 【川田文庫-982-11】

岩田正直

昭和21年1月24日 罫紙 5枚 ペン書 近況を詩に託し、又青年時代の記録にと作歌をこころみましたので見ていただければとの依頼。 【川田文庫-982-12】

岩波茂雄

昭和15年1月16日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御供花料同封。 【川田文庫-982-13】

上田恭輔

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-14】

生方敏郎

昭和14年12月30日 封書 1枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-15】

江越千代子

昭和24年2月11日 封書 4枚 ペン書 先生のお手紙に際し返詩。 【川田文庫-982-16】

大塚巌

昭和15年1月10日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、霊前への御供料同封。 【川田文庫-982-17】

岡本大無

昭和15年1月17日 封書 4枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状、および著書の恵与に対するお礼。 【川田文庫-982-18】

笠間杲雄

昭和14年12月30日 封書 1枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-19】

茅野雅子

昭和15年1月22日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状と、弔歌二首。 【川田文庫-982-20】

川田鷹

明治43年2月18日 封書 巻紙 墨書 結婚式の日程その他についての用件。 【川田文庫-982-21】

川田常子

明治43年1月24日 封書 巻紙 墨書 結婚準備について、川田順氏よりの催促に対するお姉様の返書。 【川田文庫-982-22】

明治43年1月31日 封書 巻紙 墨書 結婚の準備の件、結納のこと、世帯道具類等諸々のことについて、お姉様よりの指示。 【川田文庫-982-23】

河原林和子

明治〔43〕年2月11日 封書 巻紙 墨書 結婚式の日取りにつき、当方3月下旬に願いたき旨、日高様に申し上げましたので、不都合あれば仰せ下さいとのこと。 【川田文庫-982-24】

明治〔43〕年〔2〕月16日 巻紙 墨書 大安吉日に日高様の訪問を受け母の喜び一方ならずとの様子報告と、新居の件、上京時の挨拶等について打ち合わせ。 【川田文庫-982-25】

明治〔43〕年〔2〕月21日 巻紙 墨書 新居およびお手伝い探しのこと、又新婚旅行の件等の打ち合わせ。 【川田文庫-982-26】

河原林義雄

明治43年3月4日 封書 印刷物 3枚 平安神宮結婚式御願書、および結婚式次第。 【川田文庫-982-27】

木下照子

昭和14年12月30日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御香料として寸志同封。 【川田文庫-982-28】

近衛文麿

昭和14年12月30日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御霊前へのお供えとして御香料同封。 【川田文庫-982-29】

斎藤謙蔵

昭和〔20〕年〔7〕月〔14〕日 封書 鉛筆画 1枚 故和子夫人の石碑の絵と弔歌一首。 【川田文庫-982-30】

斎藤実

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御供花料として小為替同封。 【川田文庫-982-31】

佐々木〔信綱〕

〔昭和20〕年7月17日 1枚 ペン書 妻代筆 得がたき原稿および組版すべて焼き、主人力おとし困惑、お力添願いたき依頼と、図書の訂正添書。 【川田文庫-982-32】

佐沢波弦

昭和15年1月17日 封書 4枚 墨書 著書「歴代秀吟百首」の恵与に対するお礼と、奥様のお葬式当日に詠まれた弔歌二首。 【川田文庫-982-33】

佐藤勇次

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、別封にての寸志御霊前へお供え下されたく。 【川田文庫-982-34】

重山考史

昭和18年1月21日 巻紙 墨書 久々に吉田、北白河をたずね、突然故にお留守を思い筆をとり歌を添える。 【川田文庫-982-35】

清水澄

昭和14年12月30日 封書 名刺に墨書入1枚 和子夫人逝去に際しお悔みと、弔歌一首。 【川田文庫-982-36】

下田将美

昭和14年12月30日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、参上お慰めいたしたけれど数日前より微恙静養中にて失礼。 【川田文庫-982-37】

白柳秀湖

昭和15年1月23日 封書 3枚 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、敬弔の意を表すしるしとして香奠を同封。 【川田文庫-982-38】

新村出

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔状、生憎風邪にて臥床静養中に付、不参失礼の儀。 【川田文庫-982-39】

杉山令吉

昭和14年12月30日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-40】

園頼三

昭和14年12月29日 封書 1枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-41】

高島平三郎

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔みと、弔歌一首、御供花料同封。 【川田文庫-982-42】

建川美次

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御霊前供花料同封。 【川田文庫-982-43】

寺田甚吉

昭和15年1月13日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-44】

東郷久吉

明治43年3月14日 封書 巻紙 墨書 料亭新富の座敷借用の件、河原林家より注文の婚礼衣装のこと、平安神宮への依頼書送付のこと等、又お祝として客火鉢一対昨日送付いたしました。 【川田文庫-982-45】

東郷安

昭和15年1月10日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-46】

徳富猪一郎

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-47】

富藤与里

昭和14年12月30日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-48】

永井亨

昭和14年12月30日 封書 1枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-49】

中川小十郎

昭和15年1月12日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御香料同封。 【川田文庫-982-50】

中村研一

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、別紙御香華料同封。 【川田文庫-982-51】

野田敬之助

〔 〕年1月14日 封書 巻紙 墨書 窈窕たる佳人を得たるにつき、後輩よりの祝福。 【川田文庫-982-52】

長谷川正道

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 妻代筆 和子夫人逝去に際しお悔み状、封入の御香料、御霊前へお供え下被度。 【川田文庫-982-53】

波多野菊枝

昭和14年12月31日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御霊前にお花御供え下被度小為替同封。 【川田文庫-982-54】

林市蔵

昭和15年1月12日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-55】

久松潜一

昭和15年1月13日 封書 巻紙 墨書 妻代筆 和子夫人逝去に際しお悔み状 【川田文庫-982-56】

日高直次

明治43年1月4日 封書 巻紙 墨書 河原林家との縁談、拒絶すべきことは万々無いと信じますが、確答に接するまではお受合出来かねるとのこと。なお媒酌人依頼の件、嘱望光栄に存じますが、両家の為相応の先輩方にお頼みなされてはとの返事。 【川田文庫-982-57】

明治43年1月7日 封書 巻紙 墨書 河原林家との縁談、一応正式に申し入れた処、親族とも相談の上お返事申上げるべきとのこと、尚兄上様からの丁寧な書状、よろしくお伝え下されたくとの伝言。 【川田文庫-982-58】

明治43年1月10日 封書 巻紙 墨書 縁談の件、河原林家より両三日内に当方へ正式の挨拶があるとのこと。媒酌人の件、式の方法等、ご注文あらばお申し越し下されたきとの連絡。 【川田文庫-982-59】

明治43年2月4日 封書 巻紙 墨書 御帰阪の日も相近きにつき、お目にかゝりて申し上げたきこと有り。 【川田文庫-982-60】

〔明治43〕年〔2〕月30日 封書 巻紙 墨書 ご来訪のお礼と交際上の注意。 【川田文庫-982-61】

平田なら枝

昭和15年1月3日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状、学生時代からの友人として又姉妹の如くお付き合いのあった思い出話。 【川田文庫-982-62】

深井英五

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-63】

福岡達也

〔 〕年〔 〕月〔 〕日 封書 3枚 ペン書 新年の詠進歌に投稿いたしたく、自作短歌の中より一首選定についての依頼。 【川田文庫-982-64】

藤野福雄

〔 〕年3月8日 3枚 ペン書 毎日短歌会への出講依頼。 【川田文庫-982-65】

穂積重遠

〔昭和22〕年4月4日 封書 2枚 ペン書 歌日記1綴 行啓供奉中、一方ならぬ御配慮に対するお礼状、東宮関西行啓歌日記同封。 【川田文庫-982-66】

正宗敦夫

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-67】

三輪国治

昭和15年9月23日 封書 巻紙 墨書 極楽寺開山忌謹修の際に、種々の御盡力をいただいたお礼と、物故会員の追悼法忌に際し、和子夫人の追悼忌も同時に行われた旨の報告。 【川田文庫-982-68】

藻谷六郎

昭和15年1月15日 封書 2枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状、御霊前にと香華料同封。 【川田文庫-982-69】

柳田新太郎

昭和15年1月2日 封書 3枚 ペン書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-70】

米山梧朗

昭和14年12月29日 封書 巻紙 墨書 和子夫人逝去に際しお悔み状。 【川田文庫-982-71】

差出人不詳

昭和3年5月21日 絵葉書 工場見学、研究問題調査の為渡欧中の現況報告、(ロンドンよりシベリア経由にて)。 【川田文庫-982-72】

〔 〕年〔 〕月〔 〕日 原稿用紙5枚 ペン書 作歌二篇と春陽堂、白鳩社の出版情況について。 【川田文庫-982-73】

川田順差出書簡

河原林和子宛

〔明治43〕年1月30日 罫紙 5枚 墨書 父上に縁談の承諾をいただいた。御両親の信頼に対し、終生そむくまじくとの誓言と、妻に対する希望等、又媒酌人のこと等今後の準備について。 【川田文庫-983-1】

〔明治43〕年2月11日 罫紙 4枚 墨書 結婚式の日取、式場については3月下旬京都でとの件、異存なく承知、至急結納日の選定お願い。又新居は天王寺辺にて見つけ近々移転したい旨等々打ち合わせ。【川田文庫-983-2】

〔明治43〕年2月18日 罫紙 4枚 墨書 旅行の日取、行先等について(小生何処にてもよし、君のご希望通り遠近を問わず、お望みならば韓国迄も云々)。 【川田文庫-983-3】

明治43年2月20日 封書 罫紙 3枚 図2枚 墨書 こゝ4・5日は家の事にて奔走、適当な家尋ね当り近日移転。位置、間取りは別紙図面ご覧の通り小家にて、長持などご持参は不可能では等々の準備について。 【川田文庫-983-4】

明治43年2月26日 封書 罫紙 4枚 墨書 転宅一昨日終り、台所道具一通り整え食事には事欠かない。生れて初めての我家、狭くとも我はこゝのKing、Queenの来る日が待ち遠しい等、当日への心境。 【川田文庫-983-5】

明治43年3月1日 封書 罫紙 6枚 墨書 久々に日本髷の美しき御客に対面、髪型のことから唐詩選の詩を引用しての化粧談義、又旅行の際の荷物のこと等の打ち合わせ。 【川田文庫-983-6】

明治43年3月2日 封書 4枚 ペン書 式日の選定につき母上様のご配慮ご尤も、小生も賛成につき16日の大安吉日ならばとの願、他。 【川田文庫-983-7】

明治43年3月4日 封書 5枚 ペン書 婚約者に対する心情と、母上様に式次第書についてお話し承りたくご都合伺いの依頼。 【川田文庫-983-8】

明治43年3月7日 封書 5枚 ペン書 神前での誓詞について今一度母上様にお尋ね、もしくは宮司の宿所お知らせ下さればとのお願。 【川田文庫-983-9】

明治43年3月11日 封書 4枚 墨書 種々の障害に打ち勝って成立したのは天の摂理、世間普通の夫婦より以上に仲よく暮さなければ天に対してすまない等々婚約中の心境。 【川田文庫-983-10】

明治43年3月15,16日 封書 2通(4枚) 墨書 式日愈々22日に確定とか、仲人日高夫人の病状次第で、当日代理人の件ご両親に前以って同意を得てほしい(15日付)。式後東京での日程打ち合わせ(16日朝付)。 【川田文庫-983-11】

谷川新之輔宛

〔 〕年1月13日 3枚 ペン書 図書の出版について装幀画、原稿の件につき朝日新聞社出版局との打ち合わせ。 【川田文庫-983-12】

野島幾代宛

〔 〕年10月9日 葉書 墨書 野島幾代氏より川田文庫に寄贈 新聞での短歌盗詠指摘について、選者として御注意かたじけなくとのお礼状。 【川田文庫-983-13】

日高久子宛

〔明治43〕年1月23日 半紙 3枚 墨書 縁談の件、先方の父上より確答長引きにつき、相手に対し心配無用との慰めと自身の気持を仲人日高夫人を通して伝えている。 【川田文庫-983-14】

諸家の書簡

河原林和子宛

住友寿枝子差出

〔大正15〕年7月13日 封書 3枚 ペン書 封筒宛名:川田和子 父逝去の折、弔電および告別式参列のお礼状。 【川田文庫-984-1】

日高直次差出

〔明治42年〕年12月12日 巻紙 墨書 友人川田順の略歴、人柄等についての紹介文。 【川田文庫-984-2】

明治42年12月23日 封書 巻紙 墨書 お写真落掌、26日の日曜に一度ご来宅なされ、お互いに話しをされてはとのお誘い。 【川田文庫-984-3】

明治43年1月22日 封書 巻紙 墨書 愚妻26日入院の予定、然程の重症にもなく一先ず安心。縁談の件、その内表向きの返事に接することと思う。安心してお待ちになれば、との連絡。 【川田文庫-984-4】

明治43年1月31日 封書 巻紙 墨書 妻の病気経過極めて良好にて10日頃退院の見込み、挙式は諸種の事情もあり一先ず2月下旬から3月早々と考え、式の衣裳だけでも準備されては。 【川田文庫-984-5】

明治43年2月12日 封書 巻紙 墨書 挙式は3月下旬と一先ず定めては如何、愚妻病症あと4・5日を要するが、退院後委細熱談いたしたき旨。 【川田文庫-984-6】

〔明治43年3月〕17日 封書 巻紙 墨書 愚妻病気、その後経過良好にて漸次快方の様子、憚りながらご放念の程一書。 【川田文庫-984-7】

日高久子差出

〔明治42〕年〔12〕月11日 巻紙 墨書 結婚のお話し申し上げたきにつき、差しさわりなければ至急写真お貸し下されたく依頼。 【川田文庫-984-8】

明治42年12月27日 封書 巻紙 墨書 川田様とのお話、論外のおさわりさえなくば、必ず成立するものと信じておりますとのこと。 【川田文庫-984-9】

明治43年1月2日 封書 巻紙 墨書 3通 新年の挨拶状。他に東京の川田様より皆々大賛成との電報のお知らせ、又5日父上様ご来阪とのこと、前日に一報お願い等。 【川田文庫-984-10】

明治43年1月11日 封書 巻紙 墨書 川田様14日ご帰阪の由、16日早朝当地へお出かけ下さいとのおさそい。 【川田文庫-984-11】

明治43年1月14日 封書 巻紙 墨書 川田様ご帰阪、東京でのお話の模様委しく伺いました。16日には川田様もこられる予定、是非お出かけ下さいとのおすすめ。 【川田文庫-984-12】

明治43年1月18日 封書 巻紙 墨書 2通 来訪のお礼、帰宅汽車に乗りおくれ大変おそくなられた由、心配につきご様子聞かせてほしい。又お話しが成立の節は、川田氏の収入で生活してゆく決心は必ずもってほしい(鉛筆での添書)等。 【川田文庫-984-13】

明治43年1月25日 封書 巻紙 墨書 今朝大阪病院へ入院、27日に手術を受ける予定、2週間位で退院出来そう。川田様病院でお目にかゝりたいとのこと、ご都合一報願。 【川田文庫-984-14】

明治43年2月19日 封書 巻紙 墨書 お結納完了のお祝。 【川田文庫-984-15】

明治43年2月23日 封書 巻紙 墨書 昨夜川田様がお越しになり、式期日を少し早めてほしいと東京の兄より連絡があった由、委細主人より尊父様へ申し上げるが、との連絡。 【川田文庫-984-16】

年月日不詳 巻紙 墨書 3通 小児の着物寸法書、および作歌。 【川田文庫-984-17】

松本鷲山差出

大正11年5月8日 封書 1枚 墨書 附1枚(謄写版) 封筒宛名:川田和子 松本豊鼓会へのご案内、番組同封。 【川田文庫-984-18】

河原林義雄宛

日高直次差出

明治42年12月30日 封書 巻紙 墨書 昨夜、川田順氏同伴にての訪問、ご厚遇に対してのお礼状。 【川田文庫-984-19】

明治43年2月2日 封書 巻紙 墨書 式日の件、先方の希望、取りはからい曲げてご承認下されたく、又愚妻手術後の経過よく1週間内に退院見込、尚媒酌人の儀及ばず乍らお受けしたい。 【川田文庫-984-20】

明治43年2月22日 封書 巻紙 墨書 式日の件、東京よりの返信には3月中旬頃に繰り上げ出来れば至極好都合との意向連絡。 【川田文庫-984-21】

明治43年5月17日 封書 巻紙 墨書 ご無沙汰のおわびと頂戴物のお礼。 【川田文庫-984-22】

水口俊雄差出

明治43年2月10日 封書 巻紙 墨書 川田順氏に関するお問い合わせについて返書。 【川田文庫-984-23】

住友吉左衛門宛

若槻礼次郎差出

明治41年1月27日 封書 巻紙 墨書 差出人:大蔵次官 我国財政経済状況視察の為、ロンドンのニュース記者来日に付、諸事便宜方依頼。 【川田文庫-984-24】

竹田寅三宛

鈴木重久差出

昭和15年3月29日 葉書 墨書 川田先生の奥様と生前お約束の鳳来寺の百合球根をお送りいたします。花が咲きましたらお供え下さいとの依頼。 【川田文庫-984-25】

日高直次宛

河原林和子差出

明治43年2月11日封書 巻紙(断片) 墨書 式日の変更の件、私は来月下旬が結構だが、先方の都合もあり、よろしくお願い。 【川田文庫-984-26】

河原林義雄差出

明治43年2月22日 封書 巻紙 墨書 結婚式日の義、来る3月は相互に差支えがあり、4月又は5月に繰り延べては如何とのお尋ね。 【川田文庫-984-27】

日高久子宛

河原林和子差出

〔明治43年〕〔2〕月3日 封書 巻紙 墨書 ご病気見舞とお尋ねの着物の寸法書。 【川田文庫-984-28】

受取人不詳

差出人不詳

年月日不詳 罫紙 3枚 墨書 川田順氏遺稿の問い合わせに対する返書。(和歌らしきもの探し数十首あるが、時代的に余り発表するも亡兄に対し本意これなきに付、20点余りしたためるとの意向)。 【川田文庫-984-29】

電報

川田順宛

日高差出

明治43年1月25日 電報 河原林家との結婚承諾について。 【川田文庫-電報-1】

イハヤ差出

明治43年3月19日 電報 結婚に際し祝電。 【川田文庫-電報-2】

〔川〕差出

明治43年3月19日 電報 結婚に際し祝電。 【川田文庫-電報-3】

イワヤ差出

明治43年3月22日 電報 結婚に際し祝電。 【川田文庫-電報-4】

川田差出

明治43年3月22日 電報 結婚に際し祝電。 【川田文庫-電報-5】

〔杉山令吉〕差出

明治43年3月22日 電報 結婚に際し祝電。 【川田文庫-電報-6】

岡本大無差出

昭和14年12月30日 電報 和子夫人逝去に際し弔電。 【川田文庫-電報-7】

中原謹司差出

昭和14年12月30日 電報 和子夫人逝去に際し弔電。 【川田文庫-電報-8】

藻谷六明差出

昭和15年1月12日 電報 和子夫人逝去に際し弔電。 【川田文庫-電報-9】

川田鷹宛

〔井上〕/〔安藤〕差出

明治43年3月19日 電報 順氏の結婚に際し兄上宛の祝電。 【川田文庫-電報-10】


PAGE TOP