ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 国際児童文学館 > イベント情報(展示・講演会など) > 日本の子どもの本~珠玉の30選~ 展示資料『児童文学』

日本の子どもの本~珠玉の30選~ 展示資料『児童文学』

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月9日更新

『児童文学』(第1冊/第2冊)
佐藤一英:編集 昭和6年7月/昭和7年3月 文教書院(東京)

児童文学

 詩人・佐藤一英が〈欝然たる童話文学のルネッサンス〉を標榜して創刊した同人雑誌。昭和6年に第1冊、翌7年に第2冊を出して廃刊したが、新進の詩人を起用した創作や翻訳で存在感を示した。本誌は、宮澤賢治の生前発表作品を掲載するが、詩人の鋭い直感・嗅覚が詩的な賢治童話を評価したものであろう。「グスコーブドリの伝記」には、若き日の棟方志功が画を添えていることも興味深い。