ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 国際児童文学館 > イベント情報(展示・講演会など) > 日本の子どもの本~珠玉の30選~ 展示資料『少年世界』

日本の子どもの本~珠玉の30選~ 展示資料『少年世界』

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月9日更新

『少年世界』(創刊号)
巖谷小波:主筆 明治28年1月 博文館(東京)

 少年世界

 明治28年~昭和8年刊。明治の代表的な出版社である博文館が、大人向けの「太陽」「文芸倶楽部」とともに、少年向け(創刊時は少女も含まれており、年齢対象も幅広かった)として創刊。創刊時の主筆は巖谷小波で、編集者・執筆者として活躍し、明治の代表的な文学集団であった硯友社系の多くの作家が執筆して明治期を代表する少年雑誌となった。投稿欄も充実しており、谷崎潤一郎、百田宗治などからの投稿もあった。