ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 図書館概要 > 「図書館の力!!」 あなたの「しらべる」応援します! - 大阪府立図書館のレファレンスサービス(3/3)

「図書館の力!!」 あなたの「しらべる」応援します! - 大阪府立図書館のレファレンスサービス(3/3)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月19日更新

 

広がるレファレンスサービス

たくさんの情報が集まる図書館の力と司書の持つ力を活かし、みなさんの「調べる」をサポートするメニューはたくさん用意されています。大阪府立図書館のサービスをご紹介しましょう。

個人利用者へのサービス

さまざまな利用者のニーズにこたえるサービス

来館せずとも、24時間いつでもどこからでも、インターネットで調査相談を申し込める「e-レファレンス」をはじめ、さまざまな利用者のニーズに対応するため、きめ細かなサービスを提供しています。

  これは便利!家や会社からいつでも相談できるんやね! 大阪府立図書館e-レファレンス

    情報検索講座

    ニーズの高いテーマについて司書が調べ方を解説する講習会を開いています。

      タダで司書の人から調べ方のコツを教えてもらえるんやから、これはかなりお得やね。

    【平成23年度の講座】

    • 「医療情報の調べ方がわかる!」
    • 「歴史を調べるはじめの一歩」
    • 「夏休み自由研究応援団!2011」
    • 「企業情報の調べ方」
    • 「就職活動に役立つ業界情報の調べ方」
    • 「判例・法令の調べ方」

    「調査ガイド」の発行、「レファレンス事例」の公開

    調査ガイド」は、ご質問の多いテーマの調査方法をご紹介した、司書のノウハウ満載のリーフレットです。ホームページでも公開しています。
    大阪府立図書館のホームページではこのほか、役立つ情報源となるサイトを集めたリンク集や、調査の参考となるよう、過去に寄せられた質問と回答の事例を紹介する「レファレンス事例データベース」などを提供しています。

    調査ガイドひとりで調べ物を進めるときに、これはめっちゃ役立つわ!  

    市町村図書館へのサービス

    市町村図書館への支援、市町村図書館を通じた府民へのサービスは、都道府県図書館である大阪府立図書館の重要な仕事です。
    市町村図書館から依頼のあった調査への協力のほか、大阪府立図書館では、調査ノウハウを市町村図書館に伝えるため、市町村図書館の司書を対象とした各種研修や、相互に高めあうための場の提供を行い、府域の図書館全体の「司書力」アップにとりくんでいます。

    学校へのサービス

    子どもたちが豊かに育つ読書環境づくりは、社会の大きなテーマです。
    「スクールサービス・デイ」の実施による学校の団体利用や、子どもたちを対象にした図書館での調べ方の講習会など、「調べ学習」などでの図書館利用を促進する取組みとともに、学校の先生が授業や教材を作るときに参考になる調査の方法を司書が伝える研修なども行っています。

    行政へのサービス (政策立案支援サービス)

    僕らの知らんところで府民の生活を支えてるんやなぁ。  

    大阪府が政策立案するにあたり、担当者がより効率的・効果的に仕事を進められるよう、現状分析や海外事例、関連施策、法律・判例など、さまざまな情報収集をサポートすることにより、側面から支援しています。

    誰でも使える身近な図書館は、「確かな、質の高い情報を得る」ことが求められる時代にあって、今まで以上にみなさんのお役に立てる施設なのです。
    さまざまな情報を調べ、新たなことを「知る」ことは、新しい世界を開きます。司書は、みなさんの「調べる」を応援し、そのワクワク!ドキドキ!の道のりを一人でも多くの方に体験していただきたい。そう願っています。

      タダで司書の人から調べ方のコツを教えてもらえるんやから、これはかなりお得やね。 これからももっと図書館使うわ!  

    【コラム】どうして司書がサポートしてくれるの?

    公共図書館は、すべての人に情報へのアクセスを保障することを使命とし、民主主義の基盤といわれます。そのため、公共財として税金で運営され、法律(図書館法)で「図書館資料の利用に対するいかなる対価をも徴収してはならない」と定められて、すべての人に扉を開いています。さらに図書館法は、「図書館の職員が図書館資料について十分な知識を持ち、その利用のための相談に応ずるようにすること」と規定し、利用者が司書に相談することができ、資料を活用することができるサービス体制の整備を求めています。資料とあわせてレファレンスサービスを利用できることで、利用者は必要な情報にスムーズにアクセスできるようになるのです。

    誰もが情報にアクセスでき、情報を使いこなし、それぞれの力を発揮することができれば、社会はもっと豊かになります。図書館が活用され、そこで新たに生み出された知識は、再び図書館に戻り、さらに次の知識につながっていきます。図書館は、そんな無限の可能性を秘めたところなのです。

    さぁ、あなたも図書館へ!

    « 前へ12|3