ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 調査相談 > 調べ方ガイド > こども向け調査ガイド~国際理解 民族衣装

こども向け調査ガイド~国際理解 民族衣装

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月9日更新

大阪府立中央図書館こども向け調査ガイド 36
2017年7月

民族衣装 [PDFファイル/127KB]


 

着物の画像

 

【問題】 着物の元になる服は、どこから伝わってきたか知ってる?
    (1) アメリカ(2)中国(3)韓国

【答え】(2)中国です。1~3世紀ごろ中国から伝わり、平安時代の終わりごろに日本独特の形に変わりました。

 


調べてみよう!

『民族衣装絵事典 -国際理解に役立つ-』 (高橋晴子/監修  Mcdプロジェクト/編集 PHP研究所 2006月3日 【J383/52N】)

民族衣装を国別に、たくさんの写真で紹介しています。世界のくつ、帽子、仮面の写真や、国立民族学博物館の紹介もあります。(中学年~)

『国際理解に役立つ世界の衣食住 9 アジアの民族衣装』 (久保田陽子/文  小峰書店 2001月4日 【J383/33N/9】)

各国の衣服についての話や、歴史、生活などについて説明があります。各国の面積や人口の情報は日本との比較もされています。クイズもあります。10巻は、『ヨーロッパ、南北アメリカ アフリカ、オセアニアの民族衣装』です。(高学年~)

『ズボンとスカート(たくさんのふしぎ傑作集)』 (松本敏子/文・写真 西山晶/絵 福音館書店 1993 【J383/20N】)

世界中のいろいろな形(かたち)のズボンとスカートを紹介。1枚の布を巻きつけるものや、たぶだぶのズボンなど、人々の生活に密着していることがわかります。着方や作り方も載っています。(高学年~)

見てみよう!

■「国立民族学博物館 衣服・アクセサリーデータベース

みんぱくに収蔵されている衣服とアクセサリーの情報と写真を調べることができます。16万件のデータがあります。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)