ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こども向け調査ガイド~セミ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月15日更新

大阪府立中央図書館こども向け調査ガイド 29
2015年7月
 [PDFファイル/180KB]


 

セミの画像

  • 【問題】セミが、ないています。どっちでしょうか?
    (1) オス(2) メス?
  • 【答え】(1)オスです。メスは、鳴(な)き声(ごえ)を頼(たよ)りに、オスのところに集(あつ)まるそうです。本当です。サムライアリは、クロヤマアリの巣から幼虫やさなぎををさらってきて、卵の世話をしてもらったり、エサを食べさせてもらったりします。

調べてみよう!

■『うまれたよ!セミ (よみきかせいきものしゃしんえほん15)』(新開孝/写真  小杉みのり/構成・文 岩崎書店 2013.12 【E3/3376N/シ】)

 木に産み付けられた卵がかえり、7年間、地面の中ですごした幼虫が地上に出てくるまでの様子が、大きな写真で見られます。(低学年~)

■『セミの一生 (科学のアルバム 虫5)』(佐藤有恒/写真 橋本洽二/文 あかね書房 2005.4  【J486/136N】)

セミの一生が順に追って紹介されています。巻末には、日本各地のセミの種類や鳴くしくみも紹介されています。(中学年~)

■『ぼくの庭にきた虫たち 3 セミ観察記』(佐藤信治/著 農山漁村文化協会 2009.2  【J486/494N/3】)

「セミの幼虫(ようちゅう)の巣穴(すあな)は?」「どれくらいの高さで羽化(うか)するの?」「どうやって卵を産むの?」など、こどもたちの「なぜ?」に答える観察記録です。観察過程や結果が、写真や表で紹介されているので、自分で試して比較(ひかく)することできます。(高学年~)

見てみよう!

■「大阪市立自然史博物館 キッズページ

大阪のセミの見分け方が紹介されています。また、研究室のページには、セミの調べ方が実際の記録とともに紹介されています。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)