ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 調査相談 > 調べ方ガイド > こども向け調査ガイド~昔のくらし

こども向け調査ガイド~昔のくらし

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月9日更新

大阪府立中央図書館こども向け調査ガイド 26
2017年7月
昔のくらし [PDFファイル/117KB]


                                昔のくらし  
 

【問題】およそ100年前に洗濯(せんたく)する時、せんたく板と、いっしょに使っていたものは?
(1)すりこぎ (2)たらい (3)ざる

【答え】(2)たらいに水を入れ、石けんを使って、せんたく板に、衣類(いるい)をこすりつけるようにして洗っていました。


調べてみよう!

■『昔のくらし (ポプラディア情報館)』(田中力/監修 ポプラ社 2005.3  【J382/24N】)

明治時代からのあとの人々のくらしを紹介。1冊で、家、食事、服、子どもの生活、乗り物について調べることができます。(中学年~)

■『くらべる100年「もの」がたり-昔のくらしと道具がわかる- 1~5』(新田太郎/監修 学研教育出版 2015.2 【J383/116N/1~5】)

巻ごとにテーマがあり、昔と今で使われている「もの」が変化した様子が写真とイラストで分かります。昔の写真を見て、何かを当てるクイズも載(の)っています。1巻:家庭の道具 2巻:遊びと学校の道具 3巻:仕事の道具 4巻:町の道具と乗り物 5巻:くらしと伝統(でんとう)の道具(全5巻)(中学年~)

■『昔の道具うつりかわり事典』(三浦基弘/監修 小峰書店 2015.1 【J383/108N】)

家や学校、まちや仕事の道具の移り変わりが、写真で見られます。明治から平成のいつ頃、使われていたのか年表で分かります。(高学年~)

行ってみよう!

■「大阪市立住まいのミュージアム 大阪くらしの今昔館」(電話:06-6242-1170)

江戸時代から昭和までの大阪の暮らしを紹介した博物館です。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)