ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 大阪府立中央図書館 > 資料紹介 > 資料展示一覧 > 【展示】「鎌倉幕府の黎明-鎌倉殿と東国のもののふたち-」

【展示】「鎌倉幕府の黎明-鎌倉殿と東国のもののふたち-」

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月5日更新

見出し

今年のNHK大河ドラマは、「鎌倉殿の13人」。
鎌倉幕府の二代執権・北条義時の人生を辿りながら、源平時代と、武家政権・鎌倉幕府が成立する鎌倉時代前期を舞台に、将軍(鎌倉殿)を支える武将たちの間で繰り広げられる、権力を巡る駆け引きを描くドラマです。

そこで、本展示では、平安時代末期の武家台頭の時代から、鎌倉幕府存亡の危機となった承久の乱までの歴史がわかる資料や、ドラマの登場人物の伝記・評伝、そして鎌倉幕府黎明期を舞台にした小説などを集めました。

戦国時代や幕末に比べるとなじみが薄く、あまり詳しくないという方も多い鎌倉時代。
ちょっと難しいかも、と腰が引けている皆さんも、この機会にぜひ“武士の都”を創り上げようとした人々の熱い思いに触れてみてください。

展示場所

大阪府立中央図書館 1階 小説読物室 貸出カウンター前

期間

2022年1月5日(水曜日)~1月30日(日曜日)

  ・開館時間: 9時~19時(土日祝は17時)

  ・期間中休館日:毎週月曜日、1月11日(火曜日)、13日(木曜日)

              ただし、1月10日(月曜日・祝日)は開館

展示資料

 1. 鎌倉幕府の黎明-源平合戦から承久の乱まで-

 2. 鎌倉殿をとりまく人々

 3. 鎌倉幕府黎明期がテーマの文学