ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > おおさかページ > (特別展) 「戦後大阪の文芸展 ~焼け跡から平成のはじまりまで」

(特別展) 「戦後大阪の文芸展 ~焼け跡から平成のはじまりまで」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月29日更新

大阪府立中之島図書館 特別展 「戦後大阪の文芸展 ~焼け跡から平成のはじまりまで」

この展示は終了しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

 平成30年を迎え、いよいよ昭和も遠くなりました。太平洋戦争後の焼け跡から「奇跡の復興」と呼ばれる目覚ましい戦後復興を成し遂げ、経済大国へと発展したこの時代、大阪では様々な文学が花開きました。

 今回の展示は、戦後に活躍した大阪ゆかりの作家・文学者などを取り上げ、当館所蔵の資料(著書や掲載雑誌、原稿・書簡類)を通じて、来場された皆様に「戦後大阪」の文学の豊かな広がりや魅力を感じていただく機会になればと考えて企画いたしました。

 「戦後昭和」を歩まれた方々には、若き日に読んだ懐かしい作品から新たな発見をしていただき、「戦後昭和」をあまりご存じない方々には、現在につながる多彩な文学を体験いただければ幸いです。

開催期間

平成30年1月15日(月曜日)~平成30年2月28日(水曜日)

10時から17時まで

休館日 日曜日 2月12日(月曜日・振替休日)

入場無料

場所

大阪府立中之島図書館 3階 展示室

主な展示資料

織田作之助   『六白金星』 (自筆原稿)【織田文庫-草稿78】
藤沢桓夫  『青・白・赤』  (自筆原稿) 【藤沢文庫-8001】
田辺聖子  『私と図書館』 (自筆原稿)【館資料-262】
宮本輝  『精神の金庫』 (自筆原稿)【館資料-262】
岸本水府岸本水府川柳集有文堂1948【藤沢文庫-737】
小野十三郎小野十三郎詩集 日本国民詩集三一書房1952【藤沢文庫-1910】
川端康成山の音筑摩書房1954【藤沢文庫-274】
今東光お吟さま淡交新社1957【あ1-45#】
長谷川龍生パウロウの鶴 長谷川竜生詩集 書肆ユリイカ 1957【あ1-4#】
山崎豊子花のれん中央公論社1958【藤沢文庫-600】
田辺聖子感傷旅行(センチメンタル・ジャーニィ)文芸春秋新社1964【藤沢文庫-460】
司馬遼太郎豊臣家の人々中央公論社1967【藤沢文庫-364】
小野十三郎編大阪文学学校詩集芦書房1968【藤沢文庫-1998】
花登筺船場サンケイ新聞社出版局1968【ア1-150N】
開高健青い月曜日文藝春秋1969【あ1-51#】
宮本輝星々の悲しみ文藝春秋1981【913.6-3478N-ミヤ】
藤本義一螢の宿中央公論社1986【藤沢文庫-547】

同時開催:講演会「大阪の陸軍工廠跡を舞台にした作品の系譜 ―開高健、小松左京、梁石日、そして金時鐘―」を2月23日(金曜日)14時~15時30分に開催します。