ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

木挽町文書目録

印刷用ページを表示する 掲載日:2009年4月21日更新
記号文書名 刊行年次
1京都町代勤方一件写 寛文6~文化12
2大坂三江町方留帳(附・金屋妙知宅出火の大火・享保以前の大坂町名の参考) 享保11
3惣会所の出費減少訴願 元文元
4釣鐘町の鐘の由来 明和5
5宗旨人別帳 安永6-明治2
6通達町用書(通達町十三丁組) 天明元・2
7諸事書上控(南米屋町)12冊寛政3-文久2
8木挽町南之町町人申合証文帳 寛政12
9「難波の夢」-由比一郎著 文化2
10南組郷銀請払諸勘定之写 文化5-8
11大坂屋利兵ヱ同家山路屋久兵ヱ御吟味 文化11
12惣会所毎節季勘定帳面写(通達町十三丁組)20冊文化12-慶応4
13八月十六日広鴫屋長兵ヱ宅より出火一件(延焼四十七軒) 文化13
14通関手形下附願(附・明治初年往来券入れ袋共南米屋町) 文化13
15八月十六日火事方御礼控 文化13
16奉公人出入綴 文化-嘉永
17博奕につき過料三貫文 文政3
18上総屋嘉七御取調并病気に付御下渡願 文政6
19亡主人の預り銀返済を約する一札 文政7
20木挽町南之丁水帳(附図共) 文政8
21南米屋町水帳図(文政8年改) 文政8
22西園寺役人狼籍に付召捕一件 文政9
23質商山城屋佐助へ盗賊はいり加害 文政11
24抜取りの賊逮捕せし栄蔵に褒美 文政13
25家質帳(上・下)2冊文政13-明治3
26町費先集めーと間に付一役=十匁承知印 〔天保2〕
27不通養子証文并受書 天保4
28御触書印形帳(南米屋町) 天保4
29池田屋源助屋敷買受切日約状 天保6
30町内会所屋敷代印家守交替覚(炭屋町) 〔天保6〕
31百姓弥助諸国遍路廻国のため往来手形の事 天保8
32失物調帳(上・下)2冊天保8-明治3
33印判板木職金屋新蔵偽印刻取調 天保9
34南組郷銀請払諸勘定帳写(通達町) 天保9-16
35薄暮に乗じ負荷逃げ者を逮捕訴出 天保10
36油屋利三郎浮貸にて入牢中病死一件 天保10
37押借り者取押へ一件 天保10
38上総屋嘉兵ヱ姉あさ所預に付お受の一札 天保13
39無宿草履屋の吉松は私甥に無相違御下渡願 天保14
40大和屋久兵ヱ軒先にて行倒人届出 天保14
41大和屋勘兵ヱ并大和や清左ヱ門両替通取引残銀出入一件 天保14
42心斉橋附近にて乱暴者入牢中病死一件 弘化3
43木挽町南之丁水帳張紙断控帳 弘化3
44池田屋新助乱酔水野村にて毆打され召捕られ一件 弘化3
45三月二十八日名田屋与八郎納屋より出火一件 弘化4
46姫路屋源兵ヱ被訴中家出一件 嘉永3
47家屋敷売買証文帳 嘉永3-明治3
48井筒屋宗三郎小火一件 嘉永4
49錺屋宇之松方栄助所持品取上け一件 嘉永4
50河内屋広助逃亡残し道具調 嘉永5
51田中屋藤右ヱ門明借屋差火一件 嘉永5
52他の所菅地に於ける家屋敷売買出入 嘉永5
53大和屋大助小火一件 嘉永6
54通達町用書(通達町十三丁組) 嘉永6-安政3
55通達組番町送り渡控帳(通達町十三丁組) 嘉永6-慶応3
56通達組誌用題号町(通達町十三丁組) 嘉永6-明治元
57珊瑚寺僧と商家の女房密通一件 嘉永7
58目安帳 嘉永7-明治3
59天王寺屋嘉治郎より仏具屋吉治郎相手取家質利銀滞出入外一件 安政2
60和泉覚蔵家出残し道具帳 安政2
61異変・手過ち・浄瑠璃等海度届出べき旨口達書 安政3
62栗田境内の侍心斉橋通りにて喧嘩 安政3
63忠婢いそ表彰 安政3
64家出人川崎屋半兵ヱ残し道具附立 安政3
65通達町用書(通達町十三丁組) 安政3-6
66当会所出戸簿上諸引合書類 安政3-明治5
67長暖簾盗難届 安政4
68人別増減引合留帳 安政4・慶応3
69阿波屋三郎兵衛所預中死亡一件 安政5
70軒下にて非人行倒一件 安政5
71人別引合差 安政5-明治5
72家守交替廻章并承知印形帳 〔安政5〕
73京橋口御定番上屋敷修繕入札希望者帳 〔安政5〕
74盗品と不知買入販売し吟味を受け賠償 安政6
75光雲寺賃付銀一件 安政6
76長堀の壮丁炭屋町にて乱妨託状(炭屋町) 安政6
77金銭出入文書綴 安政6-明治4
78火事にとりまぎれ悪事働候 安政7
79捨子拾上げ養育中病死一件 安政7
80平野屋善五郎二階にて手過ち一件 文久元
81木挽町宗旨手形綴(寺請証文) 文久元-元治元
82商品直下通達書(通達町) 〔文久元〕
83広田屋の下女手過ち一件 文久2
84年行司交替毎に白銀一枚贈る申合せ承知印(大宝寺町) 文久3
85あきすに這入り窃取一件 文久3
86住吉屋伊八借り座敷にて手過ち一件 文久3
87質物書上帳 文久3
88外国船渡来の節心得方の通達 〔文久3〕
89御番所惣会所書上帳 元治2
90通達綴(通達町十三丁組) 元治2-慶応3
91木挽町自身番と陸軍御用達人と喧嘩 慶応元
92盗難・紛失届綴 慶応元-明治2
93家屋敷売買引合 慶応2
94淡路屋重兵ヱ門先に差火 慶応2
95非人に斬付けたる紀藩士一件 慶応2
96木挽町中之丁人別調控 慶応2・3
97女児捨子とその引取一件 慶応2
98町会所貸主志水次郎より町毎十貫宛前借申出の件 慶応3
99丁内自身番部屋にて手過ち一件 慶応3
100和泉屋嘉兵ヱ隠居所小火一件 慶応3
101木挽町宗旨手形綴(寺請証文) 慶応3
102御触書 慶応3
103捨児養育後病死 慶応4
104淡路屋重兵ヱ祖母首釣相果候届外一件 慶応4
105肥尿代は町役に払込み人別に照し配当の件 慶応4
106御触書承知印形帳 慶応4
107木挽町人籍しらべ綴 慶応-明治
108家屋敷売買披露引合綴 明治元-2
109町内にて掛屋敷所持者又は代判者の住所氏名調 明治2
110御布令承知印形帳(十三町組) 明治2
111御布令承知印形帳 明治2
112御布令書 明治2
113京都の町年寄より木挽町年寄宛送り手形外一件 明治2
114商品送り手形 〔明治2〕
115吾妻屋銀造相手取り各種商品代金出入書類 明治2・3
116家屋敷親類譲り沽券状之雛形 明治3
117木挽町会議費その他請求并受書綴 明治3
118木挽町南之丁五番組五人組名前 明治3
119借家賃書上控 明治3
120御触書綴(上・下)2冊明治3・4
121布令・家請人令廃止・巫祝類は必ず官許を受くべし百姓町人にて修験道等兼ぬることを許さず・郵便書状集箱設置ヶ所増設 明治4
122出し店調 明治4
123交野屋伊助より中浜屋弥兵ヱ相手取り藍玉仕入金立替出入之件 明治4
124長史に定期支給金割宛布令 明治4
125諸廻状控帳(南口町・白銀町) 明治4-7
126五人組調(長堀橋筋一丁目) 明治5
127総区長触書 明治5
128長堀橋筋一丁目南大組第十区五人組入札点数書上并承知印形帳 明治5
129社寺境内并門前の掲示禁制札の全文写取差出すべき事 明治5
130書記任命給料月七両弐分割付方 明治5
131和泉屋喜兵ヱ大橋喜兵ヱと名義変更届 〔明治5〕
132人簿届出証文一札(長堀橋筋上一丁目) 明治6
133帳簿証印辞退の件 明治6
134西成郡吉右ヱ門肝煎地私有建物調書(西成郡役所) 明治13
135年番相談開催案内廻章(宗右ヱ門町・大安寺町) 年不詳
136火事注意方口達 
137伏見屋清右ヱ門死跡忰広太郎名前に成 
138水道組寄合費覚 
139沽券状書改料 
140博奕者召捕三人夫夫申立てし身寄のもの 
141伏見屋鉄治郎代判人木津屋与市印鑑届 
142御津社の寄進受取証 
143明借屋につき掛合の届書