ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > おおさかページ > 講座・講演会 > 講座・講演会詳細 > 平成28年度 大阪府立中之島図書館 中級・古文書講座

平成28年度 大阪府立中之島図書館 中級・古文書講座

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月11日更新

 大阪府立中之島図書館では、近世資料を中心に公立図書館としては最大級の約20万冊の古典籍・古文書を所蔵し、府民のみなさまに古典籍・古文書に親しんでいただくために、展示会や講演会等のイベントを開催しています。

 このたび、初級・古文書講座を受けられた方々からの要望にお応して、初めて中級・古文書講座を開催しますのでお知らせします。

 この講座は初級・古文書講座を修了された方を主な対象とし、当館所蔵の道修町三丁目文書(※)を解読することにより、江戸時代の大坂の町のようすを知っていただくことを目的としたものです。

、 (※)道修町三丁目文書 この文書は、現在も薬の町として著名な道修町の町方文書で、道修町三丁目会所に旧蔵していた資料です。江戸時代初期から明治期までにおよぶ現在の戸籍、土地台帳の役割がある「宗旨改(しゅうしあらため)」、「水帳(みずちょう)」などを含む貴重な資料です。 

※当館の初級・古文書講座を受けておられない方も受講できます。ただし、くずし字の解読など古文書の初歩的な知識が必要です。

講師:野高 宏之(のだか ひろゆき)
プロフィール:奈良県立大学教授。枚方市、大阪市、川西市などで市民向け古文書講座の講師を経験。道修町薬種中仲間の史料である「道修町文書」近代編の目録作成にたずさわる。『奈良県立大学研究季報』に道修町三丁目文書「諸事書上帳」を翻刻中。
【 日程 】 講座は全3回 (全3回通しての参加をお願いします)
第1回 平成29年2月 7日(火曜日)
第2回 平成29年2月14日(火曜日)
第3回 平成29年2月21日(火曜日)
【 時間 】 14時 から 15時30分 まで (開場13時30分)
【 受講料 】 テキスト代 3回分 1,500円 (第1回にお支払いいただきます。)
【 定員 】 50名 (先着順 事前申込制 定員になり次第締め切ります)
【 会場 】 大阪府立中之島図書館 別館2階 貸会議室(多目的スペース3)
(地下鉄御堂筋線「淀屋橋」・京阪「淀屋橋」駅下車 1号出口から北東へ約300メートル)
※図書館の入口とは別の入口です。詳しくは平成28年度 中級・古文書講座チラシ [PDFファイル/1.33MB]をご覧ください。
中級・古文書講座の募集は終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)