ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
大阪府立図書館 > 図書館概要 > 2019年1月から図書館資料の分類が変わります

2019年1月から図書館資料の分類が変わります

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月4日更新

大阪府立図書館では、2019年1月から受入する図書館資料の分類法を日本十進分類法新訂8版から新訂10版に変更します。これに伴い、一部の分野について分類が変わります。分野によっては、並べられる閲覧室も変更となる場合がありますのでご注意ください。

<変更例>
言語としての点字に関する本の分類は、378.18(点字法)から801.91(点字)へ
言語としての手話に関する本の分類は、378.28(手話法)から801.92(手話)へ
変更となります。

新しい分類は図書分類検索(日本十進分類法NDC 新訂10版:綱目表)をご覧ください。

なお、2018年までに受入した資料についても、大阪府立図書館蔵書検索で検索する場合は、新しい分類で検索してください。

このほか、マイライブラリーの「新着図書お知らせメールサービス」で検索条件として分類(NDC)を登録されている場合は、念のためご確認ください。

ページの先頭へ