19世紀 薬用植物の世界

“Plantae officinales oder Sammlung officineller Pflanzen”1巻タイトルページと図版

大阪府立中央図書館では、貴重書コレクションとして薬用植物図譜“Plantae officinales, oder, Sammlung officineller Pflanzen”を所蔵しています。 本書は、19世紀前半にドイツで出版されました。1828年に本文編1冊、図版編2冊が出版された後、1833年に追補版が出版されていますが、当館では最初の3冊を所蔵しており、今回デジタル画像として公開いたします。図版編には、ハンドカラーされた400枚を越える石版画が収められています。長い年月を経て、なお色鮮やかな画をご覧ください。

主たる著者であるTheodor Friedrich Ludwig Nees von Esenbeck(1787-1837)は、ドイツの植物学、薬学を専門とする学者で、同じく植物学者である兄のChristian Gottfried Daniel Nees von Esenbeckと共にシーボルトと親交があったことでも知られています。

 

*参考文献 “The cross name index to medicinal plants ”(CRC Press), 「原色牧野和漢薬草大図鑑」(北隆館)ほか

*東京大学 有田正規先生のご教示により、項目を修正しました。(2009.6.--)

●貴重書(原本)の閲覧については、事前申し込みが必要です。尚、マイクロ・フィルムもあります。こちらは、事前申し込みは不要です。

●本画像の著作権は大阪府立中央図書館に所属します。画像データの印刷物への使用を希望される場合は、あらかじめお問合わせください。

●申し込みおよび問合わせ先:大阪府立中央図書館 調査相談課 閲覧調整担当 TEL06-6745-0170(代)

アルファベット目次 (本文編の目次に掲載されている植物名で分けられています)サムネイル一覧へジャンプ

矢印 大阪府立図書館のページへ